かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2017.12.12更新

ちょっと

こんなケースをイメージしてみてください

 

腰が痛くて病院に行った。

画像検査をした結果

「ヘルニアですね」とお医者さんから診断された・・・

 

そんな時

みなさんは

「どのようなことを考え・イメージし(認知)」

「どのような気分(感情)」

になるでしょうか?

 

もしかすると

「ヘルニア!神経がさわって痛かったのか~」とか

「手術しないといけないのかな~」とか

「それくらい椎間板が壊れてたんだから痛いはずだよな~」なんて

ことを考えやイメージがわいてくるかもしれません

と同時に

不安や恐怖など嫌~な気分不快な感情がわき起こってくるかもしれません。

 

そして

「これ以上壊れないよう」「あまり負担をかけないように」「へたに動いて神経にさわらないよう」ってね

安静にしたり、いままでの活動を制限したり…

そういう(行動)を選択するようになるかもしれませんよね

 

これ、要注意!!

その腰痛、症状がひどくなったり、もしくは長引いてしまうかもしれませんよ

  

間違った情報は

不安と恐怖を引き起こし、その症状の悪化や慢性化を引き起こします

 

だからね

世界中の研究者たちが

莫大な時間と労力をかけて気づきあげてくれた「正しい情報」を活用させていただきましょ

  

いちど身につけてしまえば、一生涯活用できるスキルです

 

ぜひ若いうちから

痛みに関する正しい情報、痛い時にどんなことができるか?そんな技術を身につけていただきたいものですね(´ー`)

 

12月16日開催「ほろ酔いセミナー」

 

今回のテーマは「ヘルニア」です

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook