子育て奮闘日記

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.03.23更新

くぴた まわんねぐなったら、

いつでも ございん!!

 

by 東北ずん子

 仙台弁

 

くぴたの痛みなら

かねたバランスへどうぞ~!!

 

==============================- 

過去ブログ(下線部分をポチっと、クリックでご覧いただけます)

 改訂【ヘルニアを早く改善したいあなたに】

 

【感染予防に取り組んでおります】

 

 

 

 

 

 

投稿者: かねたバランス整骨院

2020.02.11更新

2月11日

ついに手を染めてしまいました

 

↑よろしければチャンネル登録お願い致します

 

痛みの情報だけでなく、100年を健康で生きるセンテナリアンの情報や

日常のかねた家のほのぼのした様子もアップしていきます

 

皆様に楽しみながら役立つものを提供していきます。

 

追伸

緊張でこわばってますw

慣れるまでしばらくお許しくださいm(__)m

 

投稿者: かねたバランス整骨院

2020.02.03更新

この動画、面白い取り組みですね~  → 「絶対に怒ってはいけないバレーボール大会」

 

感情的に怒ったり、怒鳴ったりすると、萎縮します。

萎縮すると、次の機会にチャレンジしようとする行動が減ります。

失敗を怖れるというより、失敗した時に怒られることを怖れ、挑戦しなくなります

 

怒られないように、怒鳴られないように

怒る人、怒鳴る人の顔色をうかがいながら行動するようになり

自分で考えることを放棄します。

 

「負の感情に振り回され、自分で考えることをヤメ、アイデアを形にしようと行動する(話し合う・協力する・依頼する・努力する…など)こともしなくなり、挑戦もしなくなる」

VS

「負の感情はあるけれど、自分で考え、それを形にしようと行動を積み重ね((話し合う・協力する・依頼する・努力する)、挑戦を続ける」

 

目指したいのはどちらでしょうか?  

 

 

怒鳴らなくたって、怒らなくたって

「こういう時はこうするんだよ(こういう時はこうしちゃマズいよね)」と具体的に指導することはできます

失敗したことはグッとこらえて、それよりも、ビビりながらも挑戦したことに「ナイスチャレンジ!」と声をかけて称えることはできます

 

焦り・怖れ・不安・怒り…感情はわき起こりますが

その感情に振り回されずに、適切な行動をとることはできます。

 

 

「好ましくない行動はグッとこらえてムシ… そして、望ましい行動には飴を!」 

 

 

マインドフルネスを活用したメンタルトレーニングは

もしかすると、選手だけではなく、指導者にも大いに役立つのかもしれませんね

 

 

======================================

 

投稿者: かねたバランス整骨院

2020.02.03更新

2月14日(金)まで

 

残すところ 10日です

 

 

よろしくどうぞ~m(__)m

 

仙台の若手芸人 と 部活を頑張る子どもたち 

のサポートなら、かねたバランス接骨院です!

投稿者: かねたバランス整骨院

2020.01.06更新

2020年(^o^)丿

  

明けましておめでとうございます!

 

正月休み明けで、すっかり体調を崩しました(-_-;)

気を抜いたらアカン!!ですね

 

そんなこんなで

かねたバランスは4日から通常通り営業しておりました

 

伝説の一枚

お年玉がわりにお受け取りくださいませm(__)m

 

↓ 

 

 

 

 

(笑)

 

新春 初笑い できましたでしょうか?

投稿者: かねたバランス整骨院

2019.12.28更新

年末年始は気仙沼です

 

ここ数年流行っているチーズハットグ

 

気仙沼にはちょっと変わったチーズハットグがあります

 

 

さんまのたいやき って書いてますけど、食べたら明らかにチーズハットグでした

(猫舌の方はご注意を!! 上顎を火傷します(笑))

 

さんまの形なんて、さすがベイエリアですね(^o^)

 

お近くにお越しの際は、話題作りにぜひどうぞm(__)m

 

 

サンマミーア2 … 2って、第一作目は見のがしてしまったようです…

 

  

 

シュールなイラストが食欲をそそります

 

 

 

投稿者: かねたバランス整骨院

2019.12.25更新

バランスが大切です

 

守り(マイナスを抑える・ミスを減らす・失点を減らす・防御する) と 攻め(プラスを増やす・長所を伸ばす・得点をとる・攻撃する) の。

 

とくにスポーツは分かりやすいですが、ほかの分野にも通じるものが

  

 

もともと獲得しているものが少ないのに、守りばかり強化していても仕方ありません。

 

どれだけ努力しても、100%!完璧!はあり得ませんから。

100%の守りを目指しても、多少のマイナス・ミス・失点は生じます。

 

望むものを得るためには。目標に向かうためには。余裕を持つためには。

 

攻めが大切。

時間は限られていますので、ダントツの攻めの能力を身につけることで、攻める時間が増えて、減る時間が減っていきます。

 

ある程度の守りができたら、マイナスにばかり目を奪われて、マイナスに構っている行動時間を増やすよりも

プラスに目を向けて、プラスを伸ばそうとする行動時間を増やすことを、チョット多めにしてみましょう(*'▽')

 

変わりますよ、きっと

 

 

投稿者: かねたバランス整骨院

2019.12.24更新

今年のかねた家のクリスマスは…

パンデミックで決まりでしょ

 

 

人類を感染症から守らねば!!!

家族で盛り上がれるボードゲームは最っ高ですよ(^o^)丿

 

 

子どもの手書き 

親ばかですが、こういうのをパパっと書けちゃうのって 正直スゴイっス

 

 

発泡性の南蛮飲料を召す 江戸の殿様 の図

 

シャンメリーにこのコースターを選択する、小4男子のセンス(>_<)

 

 

==============================

過去ブログ

「Happy Merry X,mas!」

「ヤギさんの線維筋痛症のニュースに思う」

「腰痛でお困りのスポーツ選手の皆様へ」

【50歳からでも間に合う!長引く腰痛を根本から解決するマインドフルネストレーニング】

 

子育て日記 過去

流行り病

マスク着用といえば...

入口と出口

投稿者: かねたバランス整骨院

2019.12.20更新

“感情” は “自動思考” に引きずられて勝手に沸き起こるもの

だから感情そのものはコントロールできません。

 

でも、「嫌だな~」「不安だな~」「心配だな~」「面倒だな~」という気分を味わいながらも

「笑顔で挨拶する」「大きな声で呼びかけてみる」「学校(仕事)に行く」という “行動” をとることは出来ます。

 

コントロールできるのは 「私が」「何を考えて・イメージして(認知)」=入口  「どう行動するか(行動)」=出口 だけ

相手がどう考えて、どう行動するかはコントロールできません。し、自分の感情も身体の反応も直接的にコントロールすることはできません。

 

第3世代の認知行動療法 ~ マインドフルネスに価値ある行動に集中する 痛みなどの慢性疾患の解決にも、スポーツパフォーマンスのアップにも 有効です!!

投稿者: かねたバランス整骨院

2019.12.19更新

マスクつながりで…

 

去年の年越しは、こんな感じだったなぁ  みつお

 

 

 

この後に、伝説の一枚が激写されます(*'▽')

 

伝説は・・・近日公開!!

↓ 

=======================

子育て日記 過去

伝説の一枚

 

 

投稿者: かねたバランス整骨院

前へ
かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook