かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2018.12.10更新

仙台 腰痛改善アドバイザーの森田さんに
ご紹介いただきましたm(__)m

 

どうも「痛みの変態」こと

かねたです(笑)
 
 
これに嫌な気ひとつせず、むしろ喜ばしく思うのも
もはや変態なのでしょう
 
 

 
昨年の春に本格的に始まった

慢性疼痛の勉強会 
 
はじめは、数名の治療家仲間であつまり、

主に「慢性の痛みに対する認知行動療法によるアプローチ」を勉強する

それは、ゆる~く ちいさな勉強会でしたが 
 

 
いつのまにやら


名称が「仙台慢性の痛み研究会」になり

参加される方も

 

〇実際に慢性の痛みでお困りだった患者さんやら、

〇将来の健康に興味のある方やら、

〇カウンセリングやコーチングされている方やら

 

なんか… 思いもかけない方向に進みはじめてきました。
 
 
 

 
僕の好きな言葉に

『大道無門』というコトバがあります(笑)

 

ご存知の方は「ムフフ」となっていることでしょう
  

「大道に至らんと欲すれば、門を構えることなかれ」
 
 

 

 
 
セラピスト対象だから!とか

〇〇じゃなきゃいけない、〇〇すべき。と

自分にも他者にも門を構えずに、流れにまかせて、コツコツできる行動をとっていきたいと思います。
 

  
 
 
 
で!
 
 
新しいプログラムから「マインドフルネスストレス低減法」のテイストも組み込んでいるのですが
 
 

 
先日の勉強会では
 


〇「これ、専門的な痛みのお話で、私のようなひとは場違いかな~、と心配になったけど、後半にかけて、これ痛みだけじゃなく、毎日の生活とか人生とかにも役立つものですよね」(今月、はじめて参加いただいた、会社員の方)

 

〇「普段意識していないと気がつかないけど、回を重ねるごとに、いかに自動操縦に振り回されているか、自分のクセやパターンに気がついてくる」(仙台慢性の痛み研究会 会員)
 
 
など、ご感想をいただけたのは、とっっっても嬉しかったです(*'▽')
 

 
 
 
そうなんです!

痛み、とくに慢性の痛み治療って

 

 
その過程で「人生を明るく豊かにするヒント」がたっくさん身についてくるんです。
 
「痛みを治すから幸せ~」じゃなくて
「幸福感いっぱい!だから痛みが快復していく」って感じ。
 
 

 

 
 
じゃあ具体的にはどうしたらいいの??? ってなったらね
 

 
 
こちらにご相談ですよ

 

↓↓↓

仙台にお住まいの方  https://ameblo.jp/kaoryum/
 
 

 

 
そして東京近辺のかたはモレなく

↓↓↓
根拠に基づいた情報も学びながら  言わずと知れた日本の腰痛診療の第一人者です
http://www.tms-japan.org/individual.html

   

↓↓↓
慢性疼痛の最先端プログラム「認知行動療法のグループ療法」「対話に基づいた医療(NBM)」を体現されている先生です
https://pain-school.com/ 
 

 

 

 

そして もちろん!

  

かねたのことも忘れないでね(*'▽')
 
 

 

 
 
「先進医療をほこる日本ですが、痛みの分野では欧米諸国にくらべて20年以上遅れている・・・だって~!?」

「東北はなおさら・・・だって~!?」
 

 
 
修造系セラピストの僕は、そんなこと聞いちゃったら いてもたってもいられなくなっちゃうのでした

 

 

 
「人間のためと言いましても、自分のすぐ隣にいる人から始めるよりほかに仕方がない」---島崎藤村 
 
 

 
チャンチャン♪♪

 

 

長引く痛みのお悩みは… 気軽にご相談ください!

 

〇どこに行ってもよくならない…

〇原因がよく分からないって言われるし…

〇骨盤が歪んでいるって、一生の付き合うのかな…

〇もう何年もヘルニア・脊柱管狭窄でツラい、やっぱり手術しなきゃいけないのかな…

 

一度ご相談ください

↓↓↓

お悩みの内容・聞いてもらいたいツラい症状・聞きたいこと知りたいこと・施術・予約のお問い合わせ

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.12.04更新

こんにちは!かねたです

 

この図、ご覧になったことありますか?

 

 

 

「痛みの恐怖回避モデル」っていいます

 

 

痛みという「情動をともなった体験」をしたときに

左のサイクルにハマっちゃうか、右のサイクルに向かうかで

その後の症状が変わってきます

 

 

 

一目瞭然

左に進むと、もれなく重症化したり、慢性化しちゃいます(-_-;)

右は… 速やかに回復しちゃいますね(´ー`) 

 

 

で、皆さん気づいていますか?

 

 

 

気づいていない方、もう一度 よ~くご覧ください

 

 

 

 

進む方向を、まさに左右しているのは何か?

 

 

 

そう!

 

残念ながら「脅迫的な情報やネガティブな情報」を植えつけられた方は、残念ながら左のサイクルに!

 

「正しい情報」をもって「励ましの態度」をいただいた方は、速やかに回復の道に!

 

 

 

ですから

重症化・慢性化を防ぐためにも

痛みの悪循環から抜け出すためにも

 

「根拠にもとづいた、回復のために役立つ(正しい)情報を身につけること」

 

つまり「痛みを知ること」が大切!!

 

 

 

じゃあ一体

・どんな情報が左に向かっちゃうもので

・どんな情報が回復(右)に導いてくれる正しいものなの?

・どうやってその情報を身につけたらいいの?

・どうすれば悪循環から抜け出せるの? 

 

 

 

はい、気になる方は

 

根拠にもとづいた痛み情報・役立つアドバイスをしてくれるトップの先生に学びに行く

かねたバランスの痛みの認知行動療法を!

 

 

ご相談いただいたら

柔らかく燃えるわたくしが、120%の思いを込めて対応させていただきますよ~

 

 

 

長引く痛みでお困りの方 あきらめなくても大丈夫!まだまだ可能性はありますよ(*'▽')

まずはお気軽にご相談ください!!

 

かねたバランス接骨院の認知行動療法はコチラ

 

気になるコトは聞いておこう! お問い合わせはコチラ 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.29更新

こんにちは!

柿 大好き!! かねたです

 

以前から、よく質問されてましたが、ここ最近また頻度が増えた気がするので、いっそのこと書き込みます。 

 

 

 

よく聞かれること その①

 

「どうして柔道整復師なのに認知行動療法なんてしてるの?」

 

答えは簡単。「効果的だから」です

 

 

現時点で、最先端の研究が明らかにしたのが、長引く痛みには「運動」と「認知行動療法」が有効ということ

 

 

私たちは「お薬」は使えません。

 

となると、数ある治療法のなかで、

 

お薬以外の もっとも効果的! もっとも根拠の確かなもの!

を提供するのが、痛み患者の支援にあたるプロフェッショナルとして選ぶ道なのかな。と

 

それが「運動」と「認知行動療法」

  

 

 

世の中、たくさんの治療法・セラピーがありますが

そのほとんどはプラシーボ効果(心理効果)を超えられていません。

 

〇〇療法そのものの効果より、

患者さん自身の「〇〇療法なら効く!」という、プラスの信念、心の側面のほうが回復に大きく影響している…

 

とすれば 

高額な治療費を払って「〇〇療法を毎回やってもらう」スタンスはもったいないと思います。

 

せっかくの大切な時間とお金をかけるならば

「自分で痛みをコントロールできるよう、その方法を学びにいく、トレーニングしにいく」スタンスの方が断っ然おススメ!

 

まるで水泳教室に通ったり、ダンス教室にダンスを習いに行ったり、ギターを習いにいったり、習字を習いに行ったり、お稽古事に通う感覚。

 

認知行動療法は「してもらう受け身的なセラピー」ではなく 「自ら取り組む、お稽古事」のようなものです。

 

 

一回身につけば、一生涯 活用できる技術ですからね

 

 

 

 

 

よく聞かれること その②

 

「どうして整骨院なのにそんなこと知ってんの?」

  

 

これも答えは簡単。「勉強しているからです」

 

世の中に

たっっっくさんいらっしゃる治療家さん、たっっっくさんある治療法

 

いったい本当に痛みのことをしっかり勉強され理解されている方は、どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

「身体の歪み」「背骨の歪み」「骨盤矯正」

そんな看板や広告を目にするたび 「あ~、医療者でさえ、まだ よく知らないんだな~」と思っちゃいます。

 

「歳だから。って言われた」「安静にしなきゃだめ。と言われた」「負担をかけると壊れてヒドクなるから。と言われた」

と聞くたびに

「ん~、そういう呪いが、悪化、慢性化につながるのにな~。回復させたいのか、患者をつくりたいのか…」と思ったり。

(呪い=痛みに対する不適切な情報提供 痛みに対する不適切な認知 → 不安恐怖による痛みの増強・不適切な対処 → 悪化・慢性化)

 

 

もちろん僕は、全てを知っているわけではありません

それに、医学研究だって日進月歩ですので、今日もっとも優れているものが、何年後かすると覆されている。なんてこともよくあります。

 

 

でも

だからこそ

つねに新しい情報を学び続けることが大切ですし

新しい、より効果的なものが出てきたら、これまでに拘らずに、柔軟に学び取り入れる姿勢も大切なんだと思います。

 

もう一度

現時点で、慢性の痛みに対して、もっとも有効性が明らかなのは「運動」と「認知行動療法」!! 

です 

 

 

私のような (ただの)整骨院(のクセに) でさえ、

(←質問②をしてくる方は、だいたいこの意味合いが多いですね 笑  医者でもないのに! って)

 

ちゃんとした人から、ちゃんと勉強すれば、ちゃんとした情報が入ってくるわけです。

 

 

(ちゃんとばっかりですね 笑

そう言えば、以前両国研修のとき一人でチャンコ屋さん入って、店員さんのおススメの通り注文したら、3~4人前のチャンコがきて、一人で黙々フードファイトする羽目になったということもありましたね。

ちゃんと。から チャンコ。 の話を思い出しちゃいました。 余談ですね)

 

  

大切なのは

「相談する人、学ぶ人を間違えちゃいけない!」ってこと

 

できれば、痛み研究のトップの方、痛み診療のトップの方に教えを請うのが間違いない!!です

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

痛みの認知行動療法に取り組んでみたい!という方はコチラ

http://www.kaneta-balance.com/cbt/ 

 

 

興味はあるけど…まずはちょっと聞いてみたい、相談してみたいという方はコチラ

ご相談・お問い合わせ

 

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.26更新

こんにちは!かねたです

 

遊びも仕事も学びも全力っぽいので

最近では修造系と言われてます(松岡修造さんには申し訳ないですが)

 

かねたさんは「サメ」と言われたこともありました(前にしか進めないタイプという意味だったようです)

 

そんな熱い思いをこめまして、今回は

『マインドフルネスのこと、誤解してない?』ってテーマを。

 

 

ご存知の通り(ですかね?)

慢性の痛みに対して、認知行動療法やマインドフルネスが有効であることが分かってます。

 

で、マインドフルネスの話になると

「あれでしょ、瞑想するやつ」とか

「ヨガとか瞑想みたいなことするやつですよね」って質問されることが非常~~~に多いんですね。

 

まあ、たしかにそう言うイメージはありますけど、ヨガとか瞑想をすること=マインドフルネスではありません

 

 

本来のマインドフルネスの状態は

「良い悪いなどの評価することなしに、今この瞬間に、意識的に注意集中をむけること」!!

 

過去のできごとや 未来の予定、将来起こりえるかもしれない未定なコト、に思いが捉われることなく

その瞬間瞬間の、目の前の出来事や自分の考え感情に、ノンジャッジメント(評価・判断しない)で注意を向けていく。 

 

そんなことがマインドフルネスのトレーニングですので、べつに瞑想やヨガじゃなくてもいいんです!!

  

ご飯食べてるときでも(味や香り歯に伝わる食材の固さなど)、

歩いている時でも(一歩の歩幅や歩く時の重心の動き方、足の裏に伝わる床の感覚など)

誰かの話を聴いている時でも(相手の表情の動き、伝えてくる一言一言、聞いている自分のわき起こる気分考えなど)

テレビを観ている時でも、トイレで踏ん張っている時でも

 

特定の物事に対して注意集中を向けたり、

その注意集中の対象を意図的にすばやく切り替えることができるようになる!

 

これがとても大切なんです。

 

ですから、瞑想や座禅・ヨガはマインドフルネスの練習を手助けするひとつの手法でしかないんですね。

  

 

 

その他よく聞かれる質問です

 

① 「無になれないんですけど~」

 

無になる必要はありませーん

意識的に注意集中を向けるトレーニングですので、沸き起こった考えや感情は「あ~、〇〇と思った」「〇〇と考えた」みたいにノンジャッジで遠くから眺めるようにして、また特定の対象に注意集中をもどせばいいだけです。

 

「また考えちゃった!」「また無になれなかった」と“ジャッジメントするクセがある自分”にも気づいちゃいましょー

 

② 「なるべくポジティブな考えに切り替えるようにしてるんですけど~」

 

はいはい、ポジティブシンキングの人がよく陥りますね~

ネガティブなものはダメなコト、身体に悪いこと、やめなきゃ!ってジャッジメントしていることに気づきましょう

 

「ただ、気づいて、注意深く眺める」だけでOK!

気を付けたいのは次の3点

・これじゃダメって評価して目を反らそうとすること

・ネガティブな気分を無理に消そうとして抵抗すること

・そのことだけにとらわれちゃうこと

ポイントは遠くから眺めるように、ただただ他人事のように観察する感じ、

充分に眺めたら、また特定の対象に注意集中をもどしてみましょう!

 

 

③ 「寝ちゃう」

しょうがない! 眠いんだから(´ー`)

 

寝ちゃったことに対して、どんな考えと気分がわきおこりましたか? 気づいて、遠くから眺めることができたら

それも自分の思考のクセに対する、ひとつの気づきになるでしょう

 

できる範囲で、特定の対象に注意集中を向ける! 反れたら、また戻す!

 

慣れないうちは、注意があっち行ったり、こっち行ったり、しちゃうでしょう。

それを「意識的に戻す!」ことを繰り返していると、一つの対象に注意集中を向けるチカラが養われてきますよ~

 

筋力トレーニングと一緒

右にずれていった重りを、左にひっぱり返す! 繰り返していると、左にひっぱるチカラが強くなるでしょ(´ー`)

 

④ 「えっ!? で、それが痛みの軽減にどうしてつながるの?」

まあ、簡単に言えば

痛みに意識が向いて、そればかりに注意が捉われていると、余計にひどくなって長引く。んです

反対に

痛み意外のことに注意集中を向けることができるようになると鎮痛に働く。んです

 

さらに

痛みにとらわれずに、遠くから眺めることができたり、

痛みから別の対象に注意集中の切りかえが早くできるようになると、

痛くてもやりたいことができたり、行動することができるようになります。

やりたいことができたり、身体を動かすことができるようになると、報酬系もはたらくのでさらに鎮痛につながりますよ。

 

 

 

正しく理解して、うまく活用しちゃってください。 特殊な時間に特殊なコト、では意味がありません

日常の生活のなかで活用できるといいですね。

好循環にのっちゃいましょ~

 

 

よく理解しきれなかった方 

もっと具体的に練習したい!なんて興味のある方  

  

いつでもお問い合わせをm(__)m

 

以上 『マインドフルネスのこと、誤解してない?』でした

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.26更新

こんにちは!

修造系(と言われている)セラピストかねたです

 

先週に引き続き、今週はMKiS・・・・・ M(慢性疼痛診療)K(研修会)i(イン)S(仙台) に行ってきました

  

今回もとっっっても深い学びになりました!

 

やっぱりね

まずは「痛みを知る」ことが大切!

 

“急性の痛み” と “慢性の痛み” を同じように捉えて扱っちゃいけませんよ~(´ー`) 

 

 

 

そうそうたる講師陣(・ω・ノ)ノ!
同じテーマでも、講義を担当する先生の持ち味や、症例によって違ったものになるのもですね~

  

 

今回はちゃんと漢字で(笑)

慢性痛診療のトップ、矢吹先生ですよ!

 

まさかお会いできるとは思ってもいませんでしたので、興奮しちゃいましたね(>_<)

 

 

皆様もぜひ

院内で流している動画をご覧くださいませ_(._.)_

 

  

参考までに 

http://www.paincenter.jp/

ページ中段 左側の動画 「~長引く痛みのメカニズム~」 開始48秒くらいからご登場されますm(__)m

 

 

セラピストにお任せじゃなく 

「自分の症状について、正しく知識を身につける」ことも回復のためには大切です

そのためにもご活用くださいませ

 

 

長引く痛みでお困りの方、ぜひ一度ご相談だけでもm(__)m

「トリガーポイント徒手療法」と「認知行動療法」が、新しい道を開いてくれるかもしれませんよ

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.22更新

こんにちは!かねたです

 

行ってきました H(初)Y(横)H(浜)!

 

はじめての首都高速!!!

いや~、ナビ様様ですm(__)m

 

不安と怖さをおぼえつつ、今までやったことないことに取り組んでみる

まあ「案ずるより産むがやすし」で、一回経験してしまえば どうってことない、ただの道

でしたけどね(笑)

 

さて

今回の横浜の目的は「お勉強」です

 

せっかく学ぶならトップの先生方から学びたいですからね!

  

なぜか名前がカタカナに… 申し込み時にミスっちゃいました(*'▽')

 

 

横浜市立大学附属市民総合医療センターペインクリニック 北原雅樹先生

 

 

言わずと知れた 慢性(難治性)の痛み診療でトップの先生です

 

畏れ多くて、私の笑顔がひきつってます(笑)

 

 

痛みを根本から改善するためには 痛みに対する考え方を変えること

つまり

「痛みについて(正しく)知る」ことがイチバン大切です

 

痛みの全体像を知るのにおススメです!!

 

 

さあ、来月はいよいよ腰痛診療の研修!

日本のトップの先生と世界のトップの先生のコラボです

夏ごろから楽しみにしてましたからね(>_<)

 

 

すぐれたものを身につけて、たくさんの人に役立てる!!!

 

なんたって、「仕事も遊びも全力投球!修造系セラピスト」ですから

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.16更新

こんにちは!かねたです

 

皆さん

最近、「奇跡や、感動に対する感度」が低くなっちゃってませんか? 

 

 

 

痛みの勉強を始めて十数年

 

ここ数年で思うコト

 

こんなにもツラかった苦難を乗り越えて!

あんなに大変だった逆境を乗り越えて!

為す術のない大病からの生還!

 

など、それはそれで「奇跡的な体験談だな~」とは思いますし

心が強く動かされるのも分かりますが。

 

毎日毎日、多くの方の施術にあたってカウンセリングをさせていただいている経験として

私個人的には

「普通に過ごせていることのキセキ!!

この奇跡的な体験の大きさを感じられていないのかな~」

 

と。

 

 

 

私たちの脳は「順応」しちゃいます

 

毎日、日々、

それが当たり前になると、奇跡!とも、実はスゴイことが起きている!とも

感じとれなくなるのかもしれません。

 

自分自身に、毎日それが起きています。

 

 

他人の苦難克服体験!

誰かの逆境を乗り越えた体験!

そういう刺激が強いものばかりに、心が動かされているな~

 

と気づいたら 

 

 

 

 

 

感謝日記

一日3つ×21日間

 

おススメです。

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.15更新

勉強してきます

まずは横浜から!!


せっかく学ぶなら、日本のトップの先生方から学ぶのがイチバン!

腰痛治療でも、慢性の痛み治療でも、そうやってやってきました。

 

今回は 

横浜市立大学附属市民総合医療センター 北原雅樹先生に学びます 

↓ 

https://medical.jiji.com/doctor/1651

 

 

私はぶれずに「トリガーポイント」と「認知行動療法」です

 

根本解決のために

回復への近道のためには

 

身体だけでは不十分

脳(こころ)へのアプローチは欠かせません。

 

まずはこの事実を知ってもらうことから。ですね

 

 

 

長引く痛みでお困りの方

かねたバランス接骨院の「徒手トリガーポイント療法」と「認知行動療法」が

きっとお役に立ちますよ(^^)/

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.13更新

こんにちは!かねたです

 

寒くなってきましたね~

 

寒空の中、急きょ患者様からの企画で 「大人の夜会」 をしました(^^)/

 

仙台牛と牛タンを味わいながら美味しお酒を楽しみましょ!

 

ということで

お肉のご協力をいただいたKさん

突然の依頼にもかかわらず快く対応していただき

本っっっ当にありがとうございました!!!!!

 

次回はぜひお誘いさせてくださいm(__)m

 

 

仙台牛1㎏! 

次回はほろ酔いセミナーで、ちょっと大人で贅沢な飲み会をしながらの「痛みのお話会」もいいですね~

 

 

 

厚切り牛タン

 

五目焼きそば

プロの味は違います!!

 

22時までの予定でしたが

気がついたら・・・

 

1時は過ぎますよね(笑)

 

 

美味しいお肉と、慢性の痛みのことなら!

お任せください(笑)

投稿者: かねたバランス接骨院

2018.11.08更新

山形の紅葉です

 

写真をいただいたのですが

あまりにもステキで、すっっっっっごく感動しちゃったので

おすそ分け(*'▽')

 

 

光の中の赤! これ伝わるかな~

 

 

 

これなんてもはや「ん?水中から撮ったんですか?」って感じですよね

 

やっぱりね

実物とは色味が程遠いです(´;ω;`)

 

院内に飾りますので、ご来院の際にぜひ!ご覧ください!!

 

実物は、もっともーっとすんごいんです

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

前へ
かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook