かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2024.03.21更新

春分の日

たまには身体をゆっくり休めに行ってきました!

 

はじめてサウナ×2セット入ってきました(*´▽`*)

お風呂はいいよな~

 

さて!

毎年のことですが、5月~6月 中学校総体・高校総体の直前にケガや痛みを抱えて相談にくるケースが増えます!

 

毎年「直前に…何とかならないものかね」と思っていたのですが

そんな部活を頑張る子どもたちの応援企画としてサポート動画をちょいちょいアップしていきます!

 

まずはテーピングの動画から!

 

【必見!】

=====

〇部活を頑張る中学生・高校生

〇指導者・コーチ・パパさん・ママさん

〇テーピングをもっと上手に貼れるようになりたいセラピストさん

=====

 

3月~ 総体に向けて練習量が増えていく時期ですが

同時に、身体の負担も増えていきます

当然、ケガや筋肉・関節のスポーツ障害も生じやすくなります。

 

テーピングを上手に活用することで

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1)ケガを防げる!

2)身体(筋肉や関節)にかかる負担を軽減できる!

3)ケガや痛みの不安なく、思い切って練習や試合に臨める!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

そんな効果が期待できるのです。

 

ケガをしてから!痛めてから!

いやいや!そうなる前に!

テーピングを上手に活用して、悔いのない学生生活を送ってもらいたいですね(*'▽')!

 

それではご覧ください

(3年前に作成した動画だね(笑)

 

【足首のテーピング その1】https://youtu.be/6E6CMrpp-Y8

 

【足首のテーピング その2】https://youtu.be/pOyvUpNaG3E

 

 

 

仙台で、唯一!

慢性痛に詳しい「痛みマネージャー」がいる整骨院!!

〇子供の痛みの相談

〇子供のスポーツメンタルの相談

〇子供をサポートする皆様の心身のケア

 

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/認定いたみマネジャー(平成30~令和5年 厚生労働省事業 福島県立医科大学主催 慢性疼痛診療研修会修了)

投稿者: かねたバランス接骨院

2024.01.15更新

昨日1月14日の仙台は「どんと祭」でしたね(*´▽`*)

 

わが家でも、毎年恒例の「加茂神社」に参ってきたのですが、皆さんはどちらに行かれましたか?

 

 

(上加茂と下加茂の2社)

日中のどんと祭参りは初めてでしたが、結構たくさんの方が参拝されていましたね。

きっと夜にかけて、もっと混んでくるのでしょう。

  

 

 

(なぜか隠れるコビト)

そしてついに、子供たちが付いてこない!という事態w

ほのかは習い事、ひろきは「課題が終わらん!」ということで、二人だけの参拝でした。

 

 

(お導きの神さま ヤタガラス社)

 

ということで(どーゆーことだw)

新春ですし、ちょっと「お導き」「道」についてのエピソードを・・・

 

====

皆さんは「導かれている感覚」って抱いたことはありますか?

====

  

私かねたは

振り返るとまぁまぁそういう出来事がありまして。

 

例えば、今乗っている車。

2人目の子供(ひろき)が生まれ、荷物も増えてくるし「少し大きな車に買い替えないとな~」と思いつつ

信号待ちでたまたま見かけた車屋さんの展示車。

助手席の奥様と「ああ言うのいいよね~、色も大きさもちょうどいい!素敵だね」って話していた

まさに「その車」がトントン拍子で紹介つながりで手に入ったり。

(同じ車種で、同じ色とかじゃないですよ。信号待ちで見ていたその車そのものに乗っています)

 

いま住んでいるお家も、そんな感じで、トントン拍子で出会い住み始めました。

 

 

  

この整骨院を開業した時も、ちょっとした出来事がありました。

 

開業1週間前に腕を骨折し

そこから術後感染症で仕事がまともにできずに

さすがに「やべ~、どうしよう…」って不安やら後悔やら…ネガティブな感情で押しつぶされそうだったとき。

たまたま入った薬局で

新聞の一面に書いてあった「やるしかね~!」ってドデカい字が目に飛び込んできたり。

 

(あまりの衝撃に写メって保存していましたねw)

 

その新聞自体は震災復興の特集だったのですが、私へのメッセージに感じました(笑)

あの瞬間に「そうだ!やるっきゃない!!」と決断?決心?腹をくくることができたんですよね~(笑)

  

 

事あるごとにそういう出来事が起きて(紹介しだすとまだまだあるのですが)

こういうのを

====

「偶然の出会い」とか「シンクロニシティ」

====

って言うようです。

 

 

今までは「なんか、うちら(わが家族)って運がいいよね~」「ウチラもってるよね~」程度にしか思っていなかったんですよね。

 

ところがですね

年明け早々、またこの「導かれている感覚」に出会ったんですよ!

 

それはね

 

いただいた年賀ハガキに書かれていた

「この道より 我を生かす道なし この道を歩く!」という言葉。

 

小説家であり詩人でもある武者小路実篤の名言なのですが

 

====

「自分の道以外に、自分が歩む道はない!」

 

他の人を見て「あの道がいいな~」とか

 

過去を悔んで「あのときあの道に行っていたら…」とか

 

未来を憂いて「この道をすすんで他人にどう思われるだろうか…後悔しないかなぁ…」

 

そんな迷いは捨てて

「今歩んでいる自分の道を歩ききる!」と

====

 

そんな人生の神髄を表したような強いメッセージを感じて

妻や子供たちに「素敵なことばだね」って話していたんです。

 

それから14日後のどんと祭の昨日

夜に何気なくテレビを見ていたら・・・

 

====

中華料理人の人生を変えたキッカケ

たまたまスキーで遊びに来ていた山小屋

そこで見かけた一つの色紙に書かれていた言葉が…

「この道より 我を生かす道なし この道を行く!」

====

 

妻と二人で「えっ!?」ってなりましたね(笑)

・ 

そこでね、私、金田、

それこそ、ふとしたご縁から「慢性痛」をマニアックに学んできました。

トップの先生方(研究者や臨床医)から、世界の最先端の医学研究を学んできましたので、その辺の医療者より知識もアプローチも「ちゃんとしている」自負はあります。

そして、それを学んできたのは他でもない「健康的な人生」のためです。

 

私の家族に、私に関わってくれる皆さんに、もちろん私自身も。

「健康的に生き切っていただく」ことが大きな目的です。 

 

今年は、私が培ってきた「痛みから抜け出すための知識と技術」「健康に生きるための知識と技術」を出し切ります!

それが「私の道を歩ききる!」ことにつながりますので。

 

 

ここまでお読みいただいた方

本っっっ当にありがとうございました(*´▽`*)

 

ということで

ごくごく近いうちに

『2024年 健康な1年をつくりあげるためのライブ配信』をはじめてみたいと思いまーすヾ(≧▽≦)ノ

(たぶん5話くらいに分けて)

  

インスタグラムか公式LINEでお知らせしますので

登録してお見逃しなく!!!

【公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

【Instagram】https://www.instagram.com/yoshi_kaneta/

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2024.01.01更新

あけましておめでとうございます!

本年も何卒よろしくお願い申し上げます!!!

  

 

今年もやります!

新春恒例の特別企画 【1月9日(火)~2月3日(土)まで】の期間で、以下の特典を準備しました!

 

ぜひご活用いただけると嬉しいです!!!

 

===== 

【その①】メッチャお得な施術商品券!

 

A)50枚セット(限定8組)~50,000円分の自費施術分が、なんと!→45,000円!!

B)30枚セット(限定10組)~30,000円分が→27,500円!!

 

そしてさらに!!!

公式LINEにご登録の方に限り、抽選で1名様に10,000円分の施術商品券をプレゼント!

応募方法は、公式LINEにご登録のうえご確認ください!

 

【公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

に「友だち追加」したあと、「応募」とメッセージしてください♬

 

===

【その②】深部筋・筋膜マッサージ60分が、2回も!

  

期間中、お一人様2回まで、通常60分6,600円の深部筋マッサージが、3,500円で!!!

 

=== 

【その③】慢性痛から本気で抜け出して、健康的な自分を取り戻すプログラム!!

  

世界の研究にもとづいた、最先端の痛み医療プログラム

オーストラリアの「アダプトプログラム」そしてアメリカ発の「マインドフルネスストレス低減プログラム」

十数年、学び続け、地域の方により気軽に分かりやすく取り組んでいただけるよう

シンプルにまとめ直した『かねたバランス接骨院の 慢性の痛み専門プログラム』

通常、初回相談(60分)8,800円が、公式LINEからのご予約で→たったの1,000円で!!!

 

・どうしてなかなか良くならないのか?

・どうしたら良くなっていくのか?

・本当によくなるのか?

・私でも大丈夫なのか?

 

とりあえず、一度お気軽にご相談くださいね♪

詳細はコチラから→【慢性の痛み専門プログラム】http://www.kaneta-balance.com/blog/2023/12/post-350-839834.html

 

===

===

 

まずは新春この3つの特典を!

 

折角ですので

たくさんの方に、お気軽にご予約いただき、ご活用いただけると嬉しいです!!!

 

※)お知り合いやお近くの方で、お身体の不調や健康への心配がある方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてあげてください♬

必要としている方々に、ちゃんとした情報と施術が届けられたら大変嬉しいです!

 

よろしくお願い致します(*´▽`*)

 

===

2024年 新春!

かねたバランス接骨院

 

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.12.25更新

これでダメなら 

その痛みは諦めてください

 

 

腰痛・頭痛・ひざ痛などのしつこい慢性痛・自律神経症状に

【慢性の痛み専門プログラム】

 

  

  

『慢性痛もストレスも消えていく! 人生が希望であふれる魔法のリハビリトレーニング

  

 

 

当接骨院では、長引く痛みの悪循環から

「いち早く抜け出してもらいたい!」
「本当に良くなってもらいたい!」

という想いから

現時点で、もっとも有効性が明らかな『脳のリハビリ』という、

根本から改善していく完全個別プログラムに取り組んでおります。

お身体だけの、その場だけの改善ではない!

「この先も、お悩みに振り回されない、健康的な人生を送っていただく」為に

最後まで丁寧にお手伝いさせていただいております。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

「目次」 

①対象となるお悩み

②世界の痛み研究から導き出された、最先端のプログラムとは?

③このプログラムについて

④このプログラムを受けることで

⑤プログラム受講者の声

⑥お得な初回カウンセリングをプレゼント

⑦かねたの紹介

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

今すぐご相談したい方はコチラから

「ステップ1」画像をクリックして公式LINEに登録

「ステップ②」トーク画面から「チラシを見て」とメッセージで

・初回カウンセリング 8,800 円が(60 分)3,000 円!

 

 

 

少し長くなりますが

もしあなた自身やあなたのご家族が

本当に悩んでいる!この機会に本気で抜け出したい!のであれば、ちょっとお付き合いください。

 

 

◆こんなお悩みから抜け出したいなら!◆

慢性痛とは、「3か月以上長引く」「原因がハッキリしない」「定期的に何度もぶり返す」「一つが良くなると別なところに症状が出てくる」などの痛み症状を言います。

 

✅どこに行っても一時的な改善、なかなか良くならない

✅その場はいいけど、また時間がたつと症状がぶり返してくる…

✅体のアチコチに、痛みや心配な症状がある…

✅痛くてよく眠れない…

✅長引く症状にイライラして、家族に強く当たってしまう…

✅仕事や趣味が制限されて、十分にできない…

✅このままお薬や通院を一生続けなければいけないのか…

 

そのような慢性的なお悩みは、じつは脳の機能異常が原因となっている可能性があります。

 

たとえ

「関節のすり減りが原因」「神経の圧迫が原因」「骨盤や姿勢の歪みが原因」と

お身体の指摘をされていても、そこに大きな原因はありません。 

 

お身体が改善しても、脳の機能が改善しない限り、何度も症状がぶり返すのは当然のことです。

 

何とかしたい気持ちはあるけれど

たくさん情報がありすぎて、どれが本当にいいものか分からない!!?

 

もし腰や膝の痛み、頭痛などが3か月以上長引いて

このようなことでお悩みでしたら、

 

諦めないで大丈夫ですよ!

  

最先端の痛み研究と

そこから導き出された「慢性痛専門プログラム」は

 

慢性痛の真の原因である「脳の機能異常」から改善していくので

身体の痛みはもちろん、生き方まで健康的に変えてくれる、そんな力を秘めています!

 

  

 

 

◆世界の痛み研究から導き出された、最先端のプログラムとは?◆

 

もし

現時点でもっとも有効性が示されている「痛み治療プログラム」に取り組めるとしたら・・・???

しかもお家にいながらご自分のペースで取り組めるとしたら・・・?

 

試してみたいと思いませんか?

 

ご自身の症状が改善していくのはもちろん。

 

あなたが健康を取りもどして、

毎日の過ごし方が輝くようになれば

あなたの

"ご家族も幸せになれる”んです!

 

~~~

じつは、私(かねた)も、学生時代から椎間板ヘルニアによる左足がしびれるほどの腰痛に苦しんできました。

そして、私の妻も、ひどい片頭痛もちで、年に数回は頭の痛みで嘔吐し一日中寝込んでしまう…

そんな状態でした。

 

妻が苦しんでいるのを見ると、私や(当時)小さな子供たちまで心配になって、何となく家中が暗くなりましたし

反対に

私が痛がっている時も、きっと妻や子供たちにそんな思いをさせて、心配をかけていたんだろうな~と思います。

 

でも今は

お互いすっかり抜け出し、メチャ健康的な毎日を過ごしています♪

医療機関にもほっっっとんど行かなくて済むようになりました。

 

そう!

「新しい痛みの知識と、そこから抜け出すプログラム」に取り組んだからです

 

~~~

 

そういった意味では

 

自分が健康でいることは

自分だけのためではなく、ご家族のためにもなります。

今だけのことではなく、将来の希望にもつながっていきます。

 

 

◆最先端の慢性の痛み専門プログラムについて◆

 

「腰が痛い!」「お腹がいたい!」「偏頭痛が…」

痛みは病院に通う大きなキッカケになります。

でも、じつはその痛みについてよく分かっていなかったのが現状なんです。

  

それが2001~2010年の「痛みの10年」で研究がすすんできました。

アメリカが国を挙げて痛みの研究に取り組んできた、この10年間で色々なことが解明されてきたのです。

 

☑実は、ほとんどのヘルニア(約95%)は痛みと関係がない

☑3か月以上長引くいわゆる慢性痛は、通常の痛みと全く異なるメカニズム

☑関節の変形があっても、痛みの直接原因じゃないケースが非常に多い

 

などなど

これまで「痛みの原因」と思われてきた、ヘルニアによる神経圧迫も、変形性関節による軟骨のすり減りも、そのほとんどが痛みと無関係だというのです。

 

最初は私も驚くばかりで、受け入れるのに抵抗を感じていました。

が、いまではすっかり新しい常識が身につき

「本当に効果的で、現時点でもっとも確かなものを、たくさんの方に知ってもらいたい!」

「真に良いものを受けていただきたい!」

という思いで日々取り組んでいます。

 

どうして?

「どこに行っても一時的な効果で、なかなか治りにくいのか?」「薬を飲んでも、いまいち効果が出ないのか?」「色々試してもあまり効果が見られず、症状が慢性化してしまうのか?」

世界の痛み研究が教えてくれた、そのシン(新・真)の理由とは・・・?

 

『脳』!

 

脳のトラブルにその真の原因があったのです。

  

 

痛みの10年の前に行われた「脳の10年」(1991~2000年)

やはりアメリカが国家予算を投入して大規模に研究した「脳」の研究と「痛み」の研究が結びつき

 

今まで考えられてきた痛みの概念が大きく変わっていきました。

 

①どんな痛みでも、身体で感じているのではなく「脳」で感じている

②べつに体に異常がなくても「脳の痛み興奮」で実際に痛みを体験する

③とくに慢性痛は、身体の異常ではなく「脳のトラブル」で痛みが落ち着かないもの

 

要するに

「脳の機能や形が変化してしまい、痛みやストレスに過敏になり、痛みを鎮め健康を取り戻す力が低下してしまっている」

 

これが真のメカニズムなのですから、

身体に対してどんなに優れた手術・お薬・施術を行っても、

脳が変わらなければ一向に効果が感じられないのは当然のことなのです。

 

この発見により

世界の慢性痛治療プログラムが大きく変化を遂げました。

 

◆このプログラムを受けることで◆

 

慢性の痛み専門プログラム(脳のリハビリ)は、痛みの理解(痛み教育)をベースに

①適切な痛み対処法

②痛みに負けないお身体づくり

③痛みを和らげる心(脳)の柔軟性

④再発予防に向けたマインドフルネスな生活習慣

 

に取り組んでいきます。

少しずつ取り組むことで、痛みの原因であった脳の機能や形まで、良好に変わっていくことが分かっています。

『身体的アプローチ×脳のリハビリ →脳の良好な変化 →痛みの根本解決』 

 

事実、新しい常識にもとづいて作成された治療法

「オーストラリアのアダプトプログラム」や「アメリカのマインドフルネスストレス低減法」によって

5年以上、一般的な治療をしても思うような効果がみられず、

日常生活や仕事に制限や支障をきたしていた人たちが、どんどん回復しているのです。

  

 

 

また

慢性痛の原因となる脳の領域は、自律神経やホルモン分泌にも関わっています。

ですから、このプログラムに取り組むことで、痛みの改善だけでなく、

自律神経が関係する幅広い症状に、改善効果が期待できます

 

例)

1)不眠

2)お腹の調子の悪さ(過敏性腸症候群)

3)ホットフラッシュなどの更年期症状の軽減

4)体の痒み

5)高血圧の改善

6)不安・緊張の軽減

7)ストレスの軽減

8)肌荒れやアトピー、アレルギー症状の改善

9)集中力の改善による仕事やスポーツのパフォーマンス向上

など

 

※)慢性痛・脳のリハビリに詳しい専門家が、最後まで丁寧に併走してくれるから、きちんと効果が感じ取れます。

※)再発予防までフォロアップしてくれるから、プログラム終了後のケアも心配なく、安心して取り組むことができます。

※) 慢性痛改善に特化した専門トレーナーによる個別対応なので、あなたのペースでゆっくり少しずつ、でも着実に健康な状態に変わっていくことができます。

 

 

===== 

 腰痛や頭痛・ひざ関節のなどの慢性的な痛み症状でお困りのたっくさんの方に、

この最先端のプログラムをより手軽に受けていただけないだろうか!?

=====

この想いのもと十数年の学びと試行錯誤を重ねて「慢性の痛み専門プログラム」をまとめあげてみました。

 

 

 

◆効果事例・患者様の声◆

 

ケース1)86歳女性 脊柱管狭窄症による腰から脚のしびれ・激痛

「こんなおばあさんでも、ちゃんと取り組むと効果が出るんだね~。ありがたいの言葉しか出ない」

痛みがヒドク、一人では5分も歩けず、ベッドに寝起きするのも難しい状態。処方される痛み止めも効果がなく、いろんな病院を転々とし手術も視野に入ってきた時、知人の紹介で相談来院。プログラム開始後1か月目で、痛みの軽減と生活動作が楽に。3か月目でバス~地下鉄を乗り継ぎ、一人でデパートまで行きショッピングを楽しめるまでに。

 

 

ケース2)65歳男性 椎間板ヘルニアによる腰から脚のしびれと激痛

「もっと早くに相談にくればよかった!同じく苦しんでいる人にどこよりも勧めたい!」

腰~右脚の痛みで5分も歩けない状態。ブロック注射や近くの整体で施術を受けるも改善することなく、医師より手術を勧められる。何とか手術は回避できないものか…と悩んでいいたところ親戚から紹介され相談来院。プログラム開始後3か月目で、30分以上の散歩もできるようになり、現在は毎日7000歩のウォーキング、ゴルフもまた楽しめるようになった。

 

 

 

ケース3)37歳女性 慢性片頭痛

「いつの間にか消えていた感じ、あの痛みは何だったんだろうって思っちゃうくらいw」

  

20代から発症した片頭痛。出産後はとくにヒドクなり、年に数度は頭痛とともに嘔吐し寝込んでしまう状態。プログラム開始後、気づいたらいつの間にか痛みが気にならなくなっていた。今では痛みを感じても、すぐにプログラムで身に付いた対処方法に取り組み、軽い症状で済んでいる。寝込むことがなくなり子供たちも喜んでいる。

 

  

 

ケース4)30代男性 頚椎症・頸椎ヘルニアによる鈍痛症状

「13年間も悩まされてきたのに、一度のカウンセリングだけで胸のつかえがとれました!安心したら、症状も落ち着いてきて今では普通に家事育児を手伝えるように、仕事も行けてます」

  

ケース5)20代女性 足の痛みで通勤電車や仕事中の立ち仕事も激痛で困難

「自分でも、あれは何だったんだ?と驚くくらい、今では大好きなディズニーで一日1万歩以上歩いても平気です!無双状態で遊べました」

  

その他)

「はじめて整骨院で痛み施術を受けたけど、誠実に丁寧に教えてくれて、お陰様で膝の痛みもなくなりました」

「この痛みが脳?って最初は怪しく感じていたけど、実際に良くなっちゃったから不思議だよね」

「最近眠れるようにもなってきたんです」

「これで家族に迷惑かけなくてすむ、やっと安心できました」

など

 

◆慢性の痛みと金田の想い◆

 

「本当に必要とする人に、いち早く届けてあげたい!」

 

たくさんの学びを積み重ねてきたからこそ、見えてくるものがあります。

「これが“今の時点でもっとも有効性が確かめられているもの”なら、知らないで困っている人たちに、いち早く届けてあげたい!!!」

ふとしたご縁からはじまった「痛みの学び」

せっかく学ぶなら、痛み研究のトップの先生方から!と想いひたすらに取り組んでいたところ

世界の痛み研究情報や、最先端の治療プログラムと出会うことができました。

 

それは「脳のリハビリ」 

 

いま日本では、年々肩こり腰痛をはじめとする慢性痛患者が増え続けているのが現状です。

これだけ医療が発達してきているのに、痛み患者だけは減らずに増え続けているのです。

 

学びはじめた当初に聞いた

「残念ながら、先進医療を誇る日本ですが、痛みという分野では欧米諸国に比べて20年以上遅れている」という

痛み研究の世界的第一人者 I医科大学K教授の言葉をはじめ

 

その後の研修会での

「分かってはいるけれど、経営上なかなか提供ができないよね」

「患者さんの理解を得るのも難しいよね」

など、医療者のコメント

 

国際腰椎学会会長の「医師にもプライドがありますから、時間はかかるでしょう」などのお話を聞くたびに

 

『せっかく学んでいるのに…』

『そうこうしているうちに、困っている人たちが増え続けているのに…』

 

なかなか変われない日本の痛み医療の現状に、何とも言えない思いが募っていきました。

 

 であれば!

「なんのしがらみもなく身軽に動ける私が動こう!」

「少しずつでもいいから、困っている人たちに提供していこう!!!」

「この大切な情報は一部の医療者だけで議論していても意味がない! 本当に必要としている人たちにちゃんと届けよう!!!」

 

痛みについて間違った理解をされて、慢性化している人たち。

チャントした情報をよく知らないばかりに、健康的な習慣を失っている人たち。

に、何とかして届けられないものか

 

そういう想いで努力を重ねてきました。

 

そして

十数年の月日を重ね

よりシンプルに、取り組みやすいプログラムとして「慢性痛の専門プログラム」の提供をスタートしたのです。

 

(もちろん、医療は日々進歩していますから、これからもどんどん改良が必要になってくることでしょう♬)

  

◆かねたの取り組み◆

これまで整骨院やスポーツトレーナ、介護事業所でのリハビリ業務などを行ってきましたが

2007年のふとしたキッカケから「痛みを専門的」に学び始めることになりました。

 

そこからの十数年ご縁に導かれて、とくに「腰痛・頭痛・関節の痛みをはじめとする慢性痛」について、

世界の痛み研究情報、最先端の痛み医療のほか、脳と心の回復トレーニングもコツコツと学ばせていただき、

 

現在は「慢性の痛み」「スポーツ選手のメンタルトレーニング」を中心に、施術にあたっています。

  

〇(当時)名古屋大学医学部教授 痛みの神経生理学的研究の第一人者 鈴木重行先生が主催する 日本ペインリリース研修会で上級認定

  

〇日本の痛み医療は世界に比べて20年以上遅れています。

その世界の痛み医療に追いつこうと、厚生労働省が力を入れ始めて開催している「慢性の痛み診療体制構築研修会」 

開始当初の平成30年~本年度まで毎年欠かさず参加し学び続けております。

(おそらく、柔道整復師として毎年欠かさず参加し、学んでいるのは全国的にも私くらいではないでしょうか)

  

 

〇国の慢性の痛み対策にもとづいた、厚生労働省の下部組織 日本いたみ財団より「いたみマネジャー」に認定されています。

とくに慢性化した痛み、3か月以上長引く治りにくい「痛みの相談窓口」として、適切なアドバイスと痛み医療に導きます。

 

 

  

国際腰椎医学会 日本人初の会長を務められた福島県立医科大学理事長兼学長 菊池臣一先生と

 

世界の腰痛医療を日本に広めてきたパイオニア 長谷川淳史先生と

 

〇スポーツトレーナー活動

着衣総合格闘技空道 全日本大会トレーナー

 

 

 

アジア選手権大会トレーナー 

 

 

国際大会のたびに英会話の必要性を感じつつ…3日坊主です・・

 

 

〇「(仮題)9割の腰痛は、脳のリハビリで消える! ~腰も仕事も楽になる、腰痛脳から抜け出す習慣」で商業出版決定!

あとは執筆を終わらせるだけですが、これがなかなか…(^^;

  

 

文字通り、手が震えながらのプレゼンテーションでしたw 

 

 

 

◆金田の想い◆

 

私の母親は、とても心配性で病気がちでした。

完璧主義で不安が強いので、休めばいいのに夜遅くまで家事をやり遂げようとしたり、

他人のことなのに、自分ごとのように過剰に心配し、余計な重荷を背負ったり。

結果

体の痛みが止まず、何度も手術をして、現在は入院しております。

 

適度であれば「優しさ」として受け止められるかもしれませんが、

行き過ぎてしまうと、ただの自己犠牲になります。

 

本人は気づいていないようですが、

それを客観的にみている子供たち(私たち兄弟)は、「何とかならないものだろうか…」と気がかりになってしまうのです。

 

ですから

冒頭でお話したように、

自分の健康は自分だけのものではない!のです


あなたが痛みから抜け出し健康をとりもどす!

そして毎日が輝いてくれば、あたなの"ご家族の幸せ"にもつながっていきます!

 

もしかすると、

慢性痛・難治性の痛みの勉強を始めたのも

「親の症状を何とかできないか!?」「若い頃の健康的な状態に戻ってもらうためには!?」という想いからかもしれません。

 

残念ながら

私の母親のような「不健康な心持ち」「不健康な習慣」を繰り返すことで、「痛み」が落ち着かず、日常で困っている相談者は数多くいます。

 

そして

自分の親には、その手法を届けるには遅すぎました。

 

だからこそ!

何かのご縁で、私を頼ってくださった方には、チャントした知識と技術を、出し惜しみなく提供してあげたいのです。

 

「脳から導く、本質的な痛み改善プログラム」

日本ではまだまだ知られておりませんし、しっかりと提供している医療機関もごく僅かです。

 

数十年の長い目で見れば、いずれ日本も世界の痛み医療に追いつき、

「慢性痛は、身体よりも脳」というのが当たり前になってくるのでしょう。

でも、

それを待っている間にも、適切な対処を受けられずに慢性化・難治化して苦しむ不健康な姿は、私の性格的に見過ごせないんです。

(あ、結局、私も、見過ごず熱く対処してしまう傾向は、親に似たのかもしれませんね(笑))

 

  

〇しつこい体の痛みから抜け出し、健康的な自分を取り戻す!

〇家族や友人たちと、また楽しくお出掛けをしたい!

〇伸び伸びと健やかで安心した未来を手に入れたい!

 

それを可能にしてくれる「脳から導く」本質的な改善法、真に健康的な習慣を身につけるトレーニングがここにあります。

 

◆お申込み・お問い合わせ◆

 

公式LINEに「友だち追加」のうえ、ご相談したい内容をメッセージして下さい。

 

【かねたバランス公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

 

今なら、ご登録特典として

 

①どうして長引くのか?どこで躓いているのか?~自分の傾向を知るチェック様式と解説動画

②最新の研究からみる、慢性痛のメカニズムと回復方法

③11年間悩まされてきたヘルニアによる慢性腰痛が、たった一度のカウンセリングで改善していった方法

 

の3つの動画をプレゼント!

 

その動画をご覧いただいたうえで、

プログラムに取り組んでみたい方には、

特別に、通常初回60分8,800円の個別カウンセリングを1,000円でプレゼントいたします。

(※動画視聴後に、簡単な宿題に取り組んでいただくことが条件です。詳しくはLINEからご相談ください)

  

※)施術が中断されることもありますので、極力お電話でのご相談はお控えください

※2)どうしても「お電話で!」という場合は、相談ではなく初回相談のご予約をお願いいたします「お電話でご予約をとる →60分初回相談を受けていただく」

 

 

【公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

 

【公式Instagram】https://www.instagram.com/yoshi_kaneta

 

=============================

かねたバランス接骨院

【慢性の痛み専門プログラム】

・腰痛、頭痛、ひざなどの関節の痛み

・3か月以上改善しない症状

・将来に不安を感じる体の痛み

・ご家族のいたみ相談も 

 

金田良浩(かねた よしひろ)

1976年生まれ(47歳)秋田県出身

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

 

趣味:格闘技(柔道・空道)スポーツ鑑賞、アニメ鑑賞(スパイファミリー、王様ランキング、オッドタクシー、地獄楽など)、読書、家族と遊ぶこと(カードゲーム、ボードゲーム)、痛みの勉強

 

ひとこと:些細なことでも、お気軽~に聞いてみて下さい。まずは、あなたのツラさやお悩みを教えてもらわないと、私もお手伝いできませんので(*´▽`*)

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.12.11更新

こんにちは(*´▽`*)

 

2週間ほどでクリスマスですね♪

 

いよいよツリーも登場しました!

 

 

かねた家では恒例の家族忘年会&プレゼント交換会を予定しております☆

家族イベントが大好きな私としては、けっこう楽しみだったりします。

 

規模の大きさじゃないんですよね~

家族そろって楽しみながらワイワイやること自体が楽しいんです。

 

ということで

皆さんもぜひ身近な仲良しさんと、プレゼント交換会試してみてくださいね☆

 

さて

そんなクリスマス&忘年会&年末の12月ですが

なんと「12月8日はお釈迦様が悟りを開いた日」らしいです。

8日の夕方あたりに知人から教えられて「ふ~ん、それで?」となってしまった自分がいたことを思い出しつつ、お知らせです(笑)

 

【12月限定クーポン】

 

もう届いてますでしょうか?

まだの方はコチラから→以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して受け取れます。
https://lin.ee/JRg7Sip

 

 

【あなたの健康に役立つ、グッズを入荷!】

 

 

【ぎっくり腰・腰痛対策に!最新のサポートベルト】

 

 

これまでのコルセットとは違い、お腹の圧迫やズレが軽減!

 

装着しながら動かすことで「腰痛の改善、予防効果」がグンとアップ!

 

 

ホッカイロなどの乾性の温熱は表面的なもの

深部まで温めるには、湿性のホットパックがより効果的です!

レンジでチンするだけ、自宅で手軽に深部温熱を♬

 

 

冬、寒さで痛みやすい膝を優しくサポート

ヤクルトスワローズ山田哲人選手愛用モデルの、動きやすさとサポート力を兼ね備えたサポーター

 

=======

普通の痛みと、3か月以上長引く慢性痛は

まったく違う原因とメカニズムで生じているものです!

 

腰痛・頭痛・ひざなどの慢性的な痛みには「慢性痛の専門プログラム」があります!!!

 

お気軽にご相談を~

 

金田良浩(かねたよしひろ)

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

47歳 熱くて朗らかなおじさんです(*'▽')!!!

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.12.04更新

皆さんちょっと想像してみてください。

 

ご自宅やお住まいのアパート。

車に乗られている方なら駐車場があると思いますが

 

あるとき外出先から帰ってきたら

自分家の駐車場に知らん車が止まっている…

 

自宅にお客さんが来ているわけでもなく、

その車が邪魔で、自分の車を止められない・・・

 

「う~ん、邪魔だなー」と思いつつ、しばらくしたらその車の所有者がやってきて

「すいません、ちょっと隣近所に用事があったので」とペコペコしながら車に乗り込もうとする。

 

そんなとき皆さんは

「あ~、近所の○○さんのところに用事があったの?なら仕方ないね~」ってなります???

 

皆さんはどういう気分になるのでしょう?

穏やかに許しちゃう人ってどれくらいいらっしゃるのだろうな~

 

====

私:「ここ私の駐車場なんですけど…」

相手:「すいません、空いてたもので」

====

空いてたら止めちゃう? ちょっとの時間だったら空いてるからいい? 隣の方がいいって言っていたから? こっちの方が止めやすかったから…って?

 

ちょっと私には、今いち理解が追い付きません。

 

 

  

ーーそんな感じのケースが多い当院の駐車場ーーです

 

これまで、ほとんど指摘はしたことはありませんが

さすがに今朝は邪魔すぎて指摘させていただきました(*´▽`*) 

 

おそらく誰しも「自分の家の駐車場に、勝手に停められたら嫌でしょ?」

それと一緒です

どうして職場の駐車場になると、「ちょっとぐらいなら」ってなるのか、人の心理はとても不思議ですね♪

 

空いていて止めやすくても

目の前の駐車場は当院でお借りしているものです

 

(そもそも停めにくくて、お客様にもご迷惑をおかけしているのですが…(^^;)

  

患者さまや当院にご用事がある方のための駐車場です。

 

それ以外の方は

シンプルに近くのコインパーキングに停めてください。

どうしても!という時には一声お声がけください。

 

 

という

私の中での「常識」「べき思考」を投稿してみました

 

 

ということで!(どーゆーことだ?)

 

ほとんどの椎間板ヘルニアは痛みと関係がありません!

画像に写る背骨の変形も、多くの場合痛みと直接関係がない。ということも多数の研究で分かってきています。

 

患者さんや一般の方はもちろん

痛みの相談を受ける専門家・セラピストの方々も

 

まだまだその情報を知らない人が大勢いるんだな~と思った週末でした。

 

(知らないばかりか、一部だけかじって誤って理解している方もたくさんいます。間違った理解ほど怖いものはないですね~)

 

私、こう見えて面倒くさがりなんで、ガチな相談じゃない限り「ふ~ん」って聞き流しちゃいます(笑)

 

何年も数えきれないくらいの痛みの相談にのってますと

申し訳ないですけど

本当に悩んでいる方と、ただ話題的に「痛いんですよ~」って聞いてくる人の違いは分かりますからね(*´з`)

 

※)本当に抜け出したい!

※)健康的な自分を!生活を取り戻したい!

※)仕事に趣味に家族イベントに!制限なく十分動けるようになりたい!

 

そんな時には、いち早くご相談ください☆彡

 

 

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

最近、嫁ちゃんと娘に「パパ、アーニャ(スパイファミリー)のシーンだけは声だして笑うよね」と謎のアーニャ好きの烙印を押されたカネタでした。

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.11.27更新

こんにちは(*´▽`*)

 

いよいよ12月になりますね~

タイヤ交換は済みましたか?

大掃除の予定は大丈夫ですか?

クリスマスの…

忘年会は…

年越しの準備…

 

などなど言えばキリがないくらい、バタバタな月です♪

 

いつでもお気軽にお身体ケアにいらっしゃってくださいm(__)m

 

さて

先日、慢性の痛み研修会に参加してまいりました!

 

「ほとんどの椎間板ヘルニアは、痛みと無関係である」ということが、

世界中の大規模な痛み研究で分かっておりまして

そして、痛みをしっかりと学ばれている方にとっては、ごく当たり前のような情報だったりします。

 

久しぶりにリアル研修でグループディスカッションなどをしながら

「まだまだその事実を知らない医療者もいらっしゃるんだな~」と、ちょっと新鮮な気持ちを味わうことができました(*´▽`*)

 

それはさておき!

 

どうしても伝えておきたいことがあります!

 

知らないと、勉強不足な治療家に将来を壊されてしましますから、しっかりと覚えておいてほしい内容です!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆ 

ちょっと前に、陸上を頑張られているお子様が、

トレーナーさんから「背骨の動き?並び?が良くないから、今のままでは将来腰痛になるかもしれない」と言われたらしいです…

 

これ!

な~んの医学根拠もないですから!!!!!

 

ホンッとに、こういう医学根拠の乏しい「不安」を煽る情報はやめてほしいです!

 

==世界の痛み研究を見てみよう!====

 

デンマークで行なわれた640名の小学生を対象とした

25年におよぶ前向きコホート研究。

成人の生涯有病率は84%だったものの、思春期における腰椎のX線上の変化は成人してからの腰痛発症リスクにならないことが判明。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9012089/

 

========

 

要するに

「子供たちの画像上の変化では、将来腰痛になるかならないか分からない!」

「画像上、子供の背骨に何らかの変化が見つかっても、大人になってから腰痛発症しやすいこととは関係がない!」

 

これが事実なんですね~

 

かえって「背骨の形が悪いから、将来、腰痛になるよ」という、ネガティブな情報を子供たちの脳に受け付けることが、腰痛の発症リスクを高めちゃいます!

「私、腰痛になりやすいんだ」という呪いをかけることになりますので。

 

そういった意味では

たまに耳にする

「野球教室で行われている、小学生の肘の超音波検査をして、将来、肘の痛みや障害が起きやすいかどうかをチェックする…」

というのも、いかがなものか・・・と悩ましく思ってしまうわけです。

 

※)世界の痛み研究では、画像上の骨などの変化は、痛み症状とほとんど関係がない。ことが多数報告されていますからね

※)ましてや、3か月以上長引く「慢性痛」は、身体の異常よりも「脳の働きの異常」ですから。

 

ということで!

 

①長びく痛みからちゃ~んと抜け出したい!

②どうしてこんなに痛いのか、ちゃんと知りたい!

③痛がる家族に何かしてやれないか、ちゃんとしたアドバイスが欲しい!

なら、お気軽にご相談を!

 

金田良浩(かねた よしひろ)

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

 

こんなに小さかった子供たちも、もはや高校生・中学生…

そして私もお腹が出てきたな~(*´▽`*)

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.11.21更新

かねたの想い 1

 

「せっかくなら根拠の確かな、有効性が明らかにされている、そんな施術を受けていただきたい」

 

という想いで、日々悶々としています(*'▽')

 

なぜなら

関わっていただく皆さんに、本当の意味で健康的になっていただきたいから

ちゃんとした情報と対処法を手に入れて、いち早く快復していただきたいから

 

自分の家族が慢性痛で困っていたら

迷わず伝えたいもの・勧めたいものがコレですから

 

===

世の中を見渡すと

「医学根拠のほとんどない、効果が確かではない施術」が、たっっっくさん広まっています。

 

しかも30分で12000円とか、8回十数万円とか、高額だったりします。

 

それっぽく研究情報を掲載し、医学用語を活用して確かな理論があるような説明がされてる、それでいて高額!

 

だと、「ちゃんと研究で検証されて、それくらい効果と自信があるから高額なんだ!」って思いこんじゃう人も多いのでしょう。

 

===

つい先日47歳を迎えました。

そして振り返ると、セラピストとして25年目を迎えます。

今では最先端の痛みプログラムをご提案していますが

15年前までは、私も、いたって普通の施術をしていました。

 

普通の施術とは「身体のどこかに原因がある!」という施術です。

 

筋肉や骨の変形、背骨や骨盤の歪み、姿勢や筋力のバランス…などなど、痛みの元凶を体にもとめて、部位を特定して、そこにアプローチをする。

そんな施術のことです。

 

そういう研修会・勉強会にもたくさん参加させていただき、自分に足りない技術を身につけることに必死になっていた頃もあったんです。 

 

もちろん今でも

ケースに合わせて、そのような取り組みもしております。

 

が!

しかし!

 

15年前の出来事をキッカケに、私の施術に対する取り組み方は大きく変わりました。

 

===

 

ふとしたご縁から学び始めた「痛み」

体の痛みは、病院に通う大きなきっかけになります。

イタイから検査をしてもらう。

イタイから治療を受けに病院に通う。

イタイところに、何か異常が起きているはずだから診てもらおう・・・

そんな感じなはずです。

 

でも

そんな痛みについて「よく分かっていなかった」のが、これまでの医学の現状だったのです。

 

===

 

「せっかく学ぶなら、トップの先生から学びたい!」と思っていた時

これまたタイミングがよく

当時、痛みの神経生理学研究の世界的第一人者であった熊澤教授の研修会に参加させていただきました。

 

はじめて参加した研修会で、驚くことばかり!!!

目から鱗が落ちるとは このことを言うのか!!と衝撃を受けたことを覚えています。

 

〇ほとんどのヘルニアは痛みと関係がないことが分かってきている

〇関節の変形も、たしかに変形はしているけど多くの方は痛みを訴えない

 

そして

「日本の痛み医療は、欧米諸国に比べて20年以上遅れているのが現状」

 

それまで

学校や臨床現場で一生懸命に学んできた、どの情報とも根本的に違いすぎて、

驚き!戸惑い!急には受け入れがたい抵抗感!そして確かなものが手に入れられて嬉しさ!

などいろいろな感情が入り混じっていました。

 

===

 

すでに知っている方も多いとは思いますが

 

世界の痛み研究が解明してくれたこと。

そのひとつに

【慢性痛は、身体ではなく「脳の働き」に大きな原因がある】ということです。

 

〇3か月以上長引く痛み

〇治療をしても一時的で、ぶり返す痛み

〇回復したかと思えば、今度は別の部位が痛くなる

 

そのような

なかなか治りにくい慢性的なカラダの痛み、

じつは、身体に大きな原因があるわけではなく、脳を含めた神経の働きに異常が生じ、脳の痛み興奮がいつまでも落ち着かなくなっているのが原因

 

そんなことが解ってきたんだよ。ということ

 

=== 

当初は、手探りで行い

患者さんからは

「いや、そんな脳が痛みの原因なんて聞いたことない!」とか

「こんなに痛いのに、脳って何だよ!」

と批判されることも多々ありました。

 

それでも

15年やり続けてきて

 

やっぱり

『本気で、慢性の痛みから抜け出したい!』という方や『やった方が回復が早いのにな~ と思われる、適応になる方』には

おススメだけはしたいものです

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

「身体をほぐす・緩める × 脳のリハビリ」 

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

※まずは一度ご相談を

気になる方は

いつでも、お気軽にお声がけくださいね♪

 

 柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー(慢性の痛み研修会修了)

 

【冬の楽しみ】

冬の寒い中、外で炭火の温かさを感じながら

ホルモンを焼きビールを飲むのがこれからの楽しみです

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.11.13更新

こんにちは(*´▽`*)

 

一気に冬になりましたね~

かねたバランス接骨院も、ホットパックが大活躍しています!

温めるとホッとして、気持ちよ~くなって、身体も心も緩まりますね♪

 

そんな「緩まる」話でいきますと

 

女性に多い症状のひとつに「むずむず脚症候群」というものがあります。

 

じつは、当院でのご相談も結構多いんです。

 

=====

〇夜、寝ようと思うと脚がムズムズして眠れない

〇足が火照るような感じになって、どうしていいか分からなくなる

〇靴下をはいていることさえ苦しく感じちゃう

=====

 

など、症状の表現はさまざまです。

 

で、

これ、

一体何が原因なのか?というと

 

「脳のバグ」なんです(*´з`)

 

じつは

脚そのものには、それほど異常はなかったりします。

 

あれ!?

これって!!?

 

そう!気づかれた方も多いかと思いますが

3か月以上長引く慢性的な痛みのメカニズムと一緒♪

 

▶不安や恐怖・心配事や過労・心の緊張状態などが理由で「脳が警戒状態」に陥る。

▶警戒状態になった脳は、脚から送られてくる些細な感覚も「異常」として処理してしまう。

 

そんな感じ。

 

実際に、数多くの研究で

『脚の症状が気になって固執してしまう。足の異常な感覚や長引く痛み症状。には心理的なストレスが大きく関わっている』

なーんてことが分かっています。

 

【じゃあ、どうしたらいいの?】

 

そんな脳のバグを修正するために有効なのが「脳のリハビリ」

たくさん打つ手がある中で

まず最初に取り組んでほしことが

「身体を緩める」ということです(笑)

 

  

脳(こころ)に根本原因があるのに、身体にアプローチ?

 

と思いますが、これもまた面白いもので

身体の緊張がゆるむと、ココロも緩みます。体が温まると、気持ちも温かくなります。

私たちの身体にはそんなシステムもあるわけですから、活用したいところです(´ー`)

 

身体の緊張がほぐれ、緩んでくる→こころの緊張もほどける(ホッとする、安心する)→脳の警戒状態が穏やかになってくる

 

脳のリハビリとは言え、最初は身体から始めた方が効果的なんですね~

根っこにある心の状態は、焦らず少しずつじっくりと!です

 

そんなことを知ってか知らずか

あの仏陀(ブッダ お釈迦様)も  

「身体は大切なものであり、覚醒の手段になるので、ていねいに扱うこと ~仏陀」

という言葉を残しているから不思議なものです。

 

とくにこの時期は

「寒い→体に力が入りやすい→心にも力が入りやすい」

「年末で慌ただしい→焦りや不安が生じやすい」

「年末で忙しく過活動になる→心も過活動になりやすい」 

脳が警戒状態に陥りやすいもの。

 

一日のうちのひととき

一週間のひとときを

ほんの少しの時間でも

 

〇ほっと身体が緩むことをしてみる 〇温かさにひたり、安心できる環境を感じ取る 〇心地よいな~と感じる

(マッサージでも、ストレッチでも、温泉でも、ホットパックでも、ペットと触れ合うなど、なんでもいいです♪)

 

そんな

体と心の緊張がゆるむ時間を、意識的に確保することをしてみてはいかがでしょうか?

 

それではまた

 

========

腰痛・頭痛をはじめとする慢性の痛み症状から本気で抜け出したい!

なら

お気軽にご相談を~(*´▽`*)

 

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

 

長引く痛みを脳の働きから根本改善していく

【マインドフルネス疼痛再処理プログラム】

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2023.11.08更新

みなさんこんにちは(*´▽`*)

 

11月ですね~

街路樹も赤や黄色に彩られてキレイ!

運転するのが楽しい季節ですね♪

 

そして

柿と栗が大好物な私にはたまらない季節でもありますԅ(¯﹃¯ԅ)ジュルリ

 

さて

前回からお伝えしている「人生100年時代を、どのようにしたら健康的に過ごせるか?」というテーマ

第2弾の今回は【健康情報の読み解き方】についてザックリお伝えしてみますね♪

 

みなさん「ヘルスリテラシー」って言葉、聞いたことあるでしょうか?

 

簡単にまとめると

ーーーーーーー

ヘルスリテラシー

医療・健康情報に関する、正しい情報を理解して手に入れ、活用するチカラ

ーーーーーーー

のことです。

 

例えば、

かねたが毎回お伝えしているような

「ほとんどのヘルニア(約92~95%)は、痛みと関係がない」というような情報。

世界の痛み研究が解き明かしてくれている、このような「正しい情報」も、手に入らなければ活用も出来ませんし。

仮に知っていたとしても、理解する力がなければ、「いや、やっぱり私の腰痛はヘルニアが原因」と、間違った信念を持ち続けることになります。

 

結果的に

その痛みの真の要因に目が向きませんので、キチンとした対処が難しくなってしまいます。

・ 

さて!

どうしてこのヘルスリテラシーが「健康的に生きる」のに大切なのか???というと

 

これまた世界の衛生研究で

◆◆◆◆◆◆◆◆

「ヘルスリテラシーが低いほど、健康状態が悪化しやすく、死亡率が高くなる」

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21768583/

 

「ヘルスリテラシーが低い人ほど、健康状態が悪化しやすく、救急搬送されたり・長期入院する割合が高くなり、年間の医療費も高騰する」

(米国医療研究品質局AHRQ Editorial,Lancet,2009)

◆◆◆◆◆◆◆◆

ことが分かっているからなんです。

 

つまり

健康的な人生をおくりたいなら「ヘルスリテラシーを高めるトレーニングも欠かせない」わけですねヾ(≧▽≦)ノ

 

そんな

「医療健康に関する情報を見極める能力」ですが

 

残念ながら、日本は先進国の中では最下位

 

 

アジア圏においても、かなり低い位置にある。

それが現状です。

https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-015-1835-x

(最近では、学校教育でリテラシーの授業もあって、今後は高まっていくと思いますが)

 

ーーーーーー

何のしがらみもない私なので

ぶっちゃけますと

 

インターネットやメディアの情報を「鵜呑みにしすぎ」だと思います。

 

「そう主張する根拠ってなに?」「その情報の出どころはどこなの?」

一次ソースっていいますが、

ブルドックが好きとか、やっぱり私はウスター派とかそういう意味ではありませんので悪しからず。

 

伝言ゲームをしていくと、一番最初に言い始めた人のセリフと、最後に聞いた人の答えが違ってくることはよくありますよね?

なんて言ったの?って一番最初の人(一次ソース)に聞くのが「確実(より正確で間違いがない)」じゃないですか。

そんな感じ~ 

 

とにかく

情報を見聞きしたら

一旦「へ~、そうなんだ~」くらいにとどめて

「それって本当なのかな?ちょっと情報の出どころから調べてみよう」ってやってみるのもいいと思います。

 

『そんなの面倒くさい!』って???

 

そう!

その気持ちがわいていることこそ「ヘルスリテラシーの低さ」を表していますからね(*´з`)

 

ちなみに

●ワクチンは危ない

●欧米諸国はがんで死ぬ人が少なくなってきているのに、日本だけは増加している

●先進国で日本だけ抗がん剤を使っている

●添加物が危険

●電磁波が病気の原因

 

もし

これらの情報を信じ込んでいるとしたら…

 

ちょっとリテラシーのトレーニングをしてみた方がいいかと思います

人生100年を健康的に生きたいならね!

 

■■■■■■■■

腰痛・頭痛などの慢性的な痛みでお困りの方

自律神経がかかわる慢性的な不調でお悩みの方

 

ひょんなご縁で、15年前から最先端の痛み研究情報を学び

地域の方向けに、取り組みやすいようにまとめ直して

80歳のおばあちゃんでも分かりやすく効果が出るような、慢性症状の改善プログラムを提供している

 

かねたバランス接骨院に、お気軽にご相談ください♬

 

柔道整復師/日本いたみ財団認定いたみマネジャー/スポーツメンタルトレーナー

4人家族(妻・長女高2・長男中2)・趣味は「家族で楽しむこと」「ビールとBBQ」「アニメや読書」

投稿者: かねたバランス接骨院

前へ

SEARCH


ARCHIVE


かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook