かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2023.12.25更新

=== この施術で変わらなかったら その痛みは諦めてください ===

 

【慢性痛専門プログラム】 腰痛・頭痛・ひざ痛などのしつこい慢性痛から解放!

 

慢性痛もストレスも消えていく!

人生が希望であふれる魔法のリハビリトレーニング

  

 ◆こんなお悩みから抜け出したいなら!◆

  

少し長くなりますが

もしあなた自身やあなたのご家族が

本当に悩んでいる!この機会に本気で抜け出したい!のであれば、ちょっとお付き合いください。

 

✅どこに行っても一時的な改善、なかなか良くならない

✅この薬や通院、ずっと続けなければいいけないのだろうか…

✅やはり手術するしかないのだろうか(もしくは手術したけどイマイチだった…)

✅痛くてよく眠れない…

✅長引く症状にイライラして、家族に強く当たってしまう…

✅仕事や趣味が制限されて、十分にできない…

 

とにかく

何とかしたい気持ちはあるけれど

たくさんの治療がありすぎて、どれが本当にいいものか分からない!!?

 

もし腰や膝の痛み、頭痛などが3か月以上長引いて

このようなことでお悩みでしたら、

 

諦めないで大丈夫ですよ!

  

最先端の痛み研究と

そこから導き出された「慢性痛専門プログラム」は

 

慢性痛の真の原因である「脳の機能異常」から改善していくので

身体の痛みはもちろん、生き方まで健康的に変えてくれる、そんな力を秘めています!

 

  

◆世界の痛み研究から導き出された、最先端のプログラムとは?◆

 

もし

現時点でもっとも有効性が示されている「痛み治療プログラム」に取り組めるとしたら・・・???

しかもお家にいながらご自分のペースで取り組めるとしたら・・・?

 

試してみたいと思いませんか?

 

ご自身の症状が改善していくのはもちろん。

 

あなたが健康を取りもどして、

毎日の過ごし方が輝くようになれば

あなたの

"ご家族も幸せになれる”んです!

 

~~~

じつは、私(かねた)も、学生時代から椎間板ヘルニアによる左足がしびれるほどの腰痛に苦しんできました。

そして、私の妻も、ひどい片頭痛もちで、年に数回は頭の痛みで嘔吐し一日中寝込んでしまう…

そんな状態でした。

 

妻が苦しんでいるのを見ると、私や(当時)小さな子供たちまで心配になって、何となく家中が暗くなりましたし

反対に

私が痛がっている時も、きっと妻や子供たちにそんな思いをさせて、心配をかけていたんだろうな~と思います。

 

でも今は

お互いすっかり抜け出し、メチャ健康的な毎日を過ごしています♪

医療機関にもほっっっとんど行かなくて済むようになりました。

 

「新しい痛みの知識と、そこから抜け出すプログラム」を手に入れてからです

~~~

 

そういった意味では

 

自分が健康でいることは

自分だけのためではなく、ご家族のためにもなります。

今だけのことではなく、将来の希望にもつながっていきます。

 

 

◆世界の痛み研究から導き出された、最先端のプログラムとは? 2◆

 

「腰が痛い!」「お腹がいたい!」「偏頭痛が…」

痛みは病院に通う大きなキッカケになります。

でも、じつはその痛みについてよく分かっていなかったのが現状なんです。

  

それが2001~2010年の「痛みの10年」で研究がすすんできました。

アメリカが国を挙げて痛みの研究に取り組んできた、この10年間で色々なことが解明されてきたのです。

 

☑実は、ほとんどのヘルニア(約95%)は痛みと関係がない

☑3か月以上長引くいわゆる慢性痛は、通常の痛みと全く異なるメカニズム

☑関節の変形があっても、痛みの直接原因じゃないケースが非常に多い

 

などなど

これまで「痛みの原因」と思われてきた、ヘルニアによる神経圧迫も、変形性関節による軟骨のすり減りも、そのほとんどが痛みと無関係だというのです。

 

最初は私も驚くばかりで、受け入れるのに抵抗を感じていました。

が、いまではすっかり新しい常識が身につき

「本当に効果的で、現時点でもっとも確かなものを、たくさんの方に知ってもらいたい!」

「真に良いものを受けていただきたい!」

という思いで日々取り組んでいます。

 

どうして?

「どこに行っても一時的な効果で、なかなか治りにくいのか?」「薬を飲んでも、いまいち効果が出ないのか?」「色々試してもあまり効果が見られず、症状が慢性化してしまうのか?」

世界の痛み研究が教えてくれた、そのシン(新・真)の理由とは・・・?

 

『脳』!

 

脳のトラブルにその真の原因があったのです。

  

 

痛みの10年の前に行われた「脳の10年」(1991~2000年)

やはりアメリカが国家予算を投入して大規模に研究した「脳」の研究と「痛み」の研究が結びつき

 

今まで考えられてきた痛みの概念が大きく変わっていきました。

 

①どんな痛みでも、身体で感じているのではなく「脳」で感じている

②べつに体に異常がなくても「脳の痛み興奮」で実際に痛みを体験する

③とくに慢性痛は、身体の異常ではなく「脳のトラブル」で痛みが落ち着かないもの

 

要するに

「脳の機能や形が変化してしまい、痛みやストレスに過敏になり、痛みを鎮め健康を取り戻す力が低下してしまっている」

 

これが真のメカニズムなのですから、

身体に対してどんなに優れた手術・お薬・施術を行っても、

脳が変わらなければ一向に効果が感じられないのは当然のことなのです。

 

この発見により

世界の慢性痛治療プログラムが大きく変化を遂げました。

 

事実、新しい常識にもとづいて作成された治療法

「オーストラリアのアダプトプログラム」や「アメリカのマインドフルネスストレス低減法」によって

5年以上、一般的な治療をしても思うような効果がみられず、

日常生活や仕事に制限や支障をきたしていた人たちが、どんどん回復しているのです。

  

 

 

脳の働きという、大元から改善していくこの手法。

しっかり取り組むことで

「脳の働きだけでなく、“脳の形まで良好に変わっていく”」(痛み脳から健康脳へ変化)ことも分かっています。

 

ですから

痛みだけではなく、多くの症状に効果が期待されています。

 

1)不眠

2)お腹の調子の悪さ(過敏性腸症候群)

3)更年期によるホットフラッシュなどの症状

4)体の痒み

5)高血圧の低下安定化

 

など自立神経が関わる症状のほとんどに。

 

そればかりか

 

1)対人関係や仕事のストレスが軽減する

2)注意・集中力が向上する

3)仕事やスポーツのパフォーマンスが向上する

4)自己効力感や思いやりの心が高まる

5)生活の質が改善される

 

など、仕事や子育て、スポーツへにも良好な効果があることが数多くの研究で分かっているのです。

(エビデンス文献)

 

===== 

 腰痛や頭痛・ひざ関節のなどの慢性的な痛み症状でお困りのたっくさんの方に、

この最先端のプログラムをより手軽に受けていただけないだろうか!?

=====

この想いのもと十数年の学びと試行錯誤を重ねて「慢性の痛み専門プログラム」をまとめあげてみました。

 

 

 

◆効果事例・患者様の声◆

 

ケース1)86歳女性 脊柱管狭窄症による腰から脚のしびれ・激痛

「こんなおばあさんでも、ちゃんと取り組むと効果が出るんだね~。ありがたいの言葉しか出ない」

痛みがヒドク、一人では5分も歩けず、ベッドに寝起きするのも難しい状態。処方される痛み止めも効果がなく、いろんな病院を転々とし手術も視野に入ってきた時、知人の紹介で相談来院。プログラム開始後1か月目で、痛みの軽減と生活動作が楽に。3か月目でバス~地下鉄を乗り継ぎ、一人でデパートまで行きショッピングを楽しめるまでに。

 

 

ケース2)65歳男性 椎間板ヘルニアによる腰から脚のしびれと激痛

「もっと早くに相談にくればよかった!同じく苦しんでいる人にどこよりも勧めたい!」

腰~右脚の痛みで5分も歩けない状態。ブロック注射や近くの整体で施術を受けるも改善することなく、医師より手術を勧められる。何とか手術は回避できないものか…と悩んでいいたところ親戚から紹介され相談来院。プログラム開始後3か月目で、30分以上の散歩もできるようになり、現在は毎日7000歩のウォーキング、ゴルフもまた楽しめるようになった。

 

 

 

ケース3)37歳女性 慢性片頭痛

「いつの間にか消えていた感じ、あの痛みは何だったんだろうって思っちゃうくらいw」

  

20代から発症した片頭痛。出産後はとくにヒドクなり、年に数度は頭痛とともに嘔吐し寝込んでしまう状態。プログラム開始後、気づいたらいつの間にか痛みが気にならなくなっていた。今では痛みを感じても、すぐにプログラムで身に付いた対処方法に取り組み、軽い症状で済んでいる。寝込むことがなくなり子供たちも喜んでいる。

 

  

 

ケース4)30代男性 頚椎症・頸椎ヘルニアによる鈍痛症状

「13年間も悩まされてきたのに、一度のカウンセリングだけで胸のつかえがとれました!安心したら、症状も落ち着いてきて今では普通に家事育児を手伝えるように、仕事も行けてます」

  

ケース5)20代女性 足の痛みで通勤電車や仕事中の立ち仕事も激痛で困難

「自分でも、あれは何だったんだ?と驚くくらい、今では大好きなディズニーで一日1万歩以上歩いても平気です!無双状態で遊べました」

  

その他)

「はじめて整骨院で痛み施術を受けたけど、誠実に丁寧に教えてくれて、お陰様で膝の痛みもなくなりました」

「この痛みが脳?って最初は怪しく感じていたけど、実際に良くなっちゃったから不思議だよね」

「最近眠れるようにもなってきたんです」

「これで家族に迷惑かけなくてすむ、やっと安心できました」

など

 

◆慢性の痛みと金田の想い◆

 

「本当に必要とする人に、いち早く届けてあげたい!」

 

たくさんの学びを積み重ねてきたからこそ、見えてくるものがあります。

「これが“今の時点でもっとも有効性が確かめられているもの”なら、知らないで困っている人たちに、いち早く届けてあげたい!!!」

ふとしたご縁からはじまった「痛みの学び」

せっかく学ぶなら、痛み研究のトップの先生方から!と想いひたすらに取り組んでいたところ

世界の痛み研究情報や、最先端の治療プログラムと出会うことができました。

 

それは「脳のリハビリ」 

 

いま日本では、年々肩こり腰痛をはじめとする慢性痛患者が増え続けているのが現状です。

これだけ医療が発達してきているのに、痛み患者だけは減らずに増え続けているのです。

 

学びはじめた当初に聞いた

「残念ながら、先進医療を誇る日本ですが、痛みという分野では欧米諸国に比べて20年以上遅れている」という

痛み研究の世界的第一人者 I医科大学K教授の言葉をはじめ

 

その後の研修会での

「分かってはいるけれど、経営上なかなか提供ができないよね」

「患者さんの理解を得るのも難しいよね」

など、医療者のコメント

 

国際腰椎学会会長の「医師にもプライドがありますから、時間はかかるでしょう」などのお話を聞くたびに

 

『せっかく学んでいるのに…』

『そうこうしているうちに、困っている人たちが増え続けているのに…』

 

なかなか変われない日本の痛み医療の現状に、何とも言えない思いが募っていきました。

 

 であれば!

「なんのしがらみもなく身軽に動ける私が動こう!」

「少しずつでもいいから、困っている人たちに提供していこう!!!」

「この大切な情報は一部の医療者だけで議論していても意味がない! 本当に必要としている人たちにちゃんと届けよう!!!」

 

痛みについて間違った理解をされて、慢性化している人たち。

チャントした情報をよく知らないばかりに、健康的な習慣を失っている人たち。

に、何とかして届けられないものか

 

そういう想いで努力を重ねてきました。

 

そして

十数年の月日を重ね

よりシンプルに、取り組みやすいプログラムとして「慢性痛の専門プログラム」の提供をスタートしたのです。

 

(もちろん、医療は日々進歩していますから、これからもどんどん改良が必要になってくることでしょう♬)

  

◆かねたの取り組み◆

これまで整骨院やスポーツトレーナ、介護事業所でのリハビリ業務などを行ってきましたが

2007年のふとしたキッカケから「痛みを専門的」に学び始めることになりました。

 

そこからの十数年ご縁に導かれて、とくに「腰痛・頭痛・関節の痛みをはじめとする慢性痛」について、

世界の痛み研究情報、最先端の痛み医療のほか、脳と心の回復トレーニングもコツコツと学ばせていただき、

 

現在は「慢性の痛み」「スポーツ選手のメンタルトレーニング」を中心に、施術にあたっています。

  

〇(当時)名古屋大学医学部教授 痛みの神経生理学的研究の第一人者 鈴木重行先生が主催する 日本ペインリリース研修会で上級認定

  

〇日本の痛み医療は世界に比べて20年以上遅れています。

その世界の痛み医療に追いつこうと、厚生労働省が力を入れ始めて開催している「慢性の痛み診療体制構築研修会」 

開始当初の平成30年~本年度まで毎年欠かさず参加し学び続けております。

(おそらく、柔道整復師として毎年欠かさず参加し、学んでいるのは全国的にも私くらいではないでしょうか)

  

 

〇国の慢性の痛み対策にもとづいた、厚生労働省の下部組織 日本いたみ財団より「いたみマネジャー」に認定されています。

とくに慢性化した痛み、3か月以上長引く治りにくい「痛みの相談窓口」として、適切なアドバイスと痛み医療に導きます。

 

 

  

国際腰椎医学会 日本人初の会長を務められた福島県立医科大学理事長兼学長 菊池臣一先生と

 

世界の腰痛医療を日本に広めてきたパイオニア 長谷川淳史先生と

 

〇スポーツトレーナー活動

着衣総合格闘技空道 全日本大会トレーナー

 

 

 

アジア選手権大会トレーナー 

 

 

国際大会のたびに英会話の必要性を感じつつ…3日坊主です・・

 

 

〇「(仮題)9割の腰痛は、脳のリハビリで消える! ~腰も仕事も楽になる、腰痛脳から抜け出す習慣」で商業出版決定!

あとは執筆を終わらせるだけですが、これがなかなか…(^^;

  

 

文字通り、手が震えながらのプレゼンテーションでしたw 

 

 

 

◆金田の想い◆

 

私の母親は、とても心配性で病気がちでした。

完璧主義で不安が強いので、休めばいいのに夜遅くまで家事をやり遂げようとしたり、

他人のことなのに、自分ごとのように過剰に心配し、余計な重荷を背負ったり。

結果

体の痛みが止まず、何度も手術をして、現在は入院しております。

 

適度であれば「優しさ」として受け止められるかもしれませんが、

行き過ぎてしまうと、ただの自己犠牲になります。

 

本人は気づいていないようですが、

それを客観的にみている子供たち(私たち兄弟)は、「何とかならないものだろうか…」と気がかりになってしまうのです。

 

ですから

冒頭でお話したように、

自分の健康は自分だけのものではない!のです


あなたが痛みから抜け出し健康をとりもどす!

そして毎日が輝いてくれば、あたなの"ご家族の幸せ"にもつながっていきます!

 

もしかすると、

慢性痛・難治性の痛みの勉強を始めたのも

「親の症状を何とかできないか!?」「若い頃の健康的な状態に戻ってもらうためには!?」という想いからかもしれません。

 

残念ながら

私の母親のような「不健康な心持ち」「不健康な習慣」を繰り返すことで、「痛み」が落ち着かず、日常で困っている相談者は数多くいます。

 

そして

自分の親には、その手法を届けるには遅すぎました。

 

だからこそ!

何かのご縁で、私を頼ってくださった方には、チャントした知識と技術を、出し惜しみなく提供してあげたいのです。

 

「脳から導く、本質的な痛み改善プログラム」

日本ではまだまだ知られておりませんし、しっかりと提供している医療機関もごく僅かです。

 

数十年の長い目で見れば、いずれ日本も世界の痛み医療に追いつき、

「慢性痛は、身体よりも脳」というのが当たり前になってくるのでしょう。

でも、

それを待っている間にも、適切な対処を受けられずに慢性化・難治化して苦しむ不健康な姿は、私の性格的に見過ごせないんです。

(あ、結局、私も、見過ごず熱く対処してしまう傾向は、親に似たのかもしれませんね(笑))

 

  

〇しつこい体の痛みから抜け出し、健康的な自分を取り戻す!

〇家族や友人たちと、また楽しくお出掛けをしたい!

〇伸び伸びと健やかで安心した未来を手に入れたい!

 

それを可能にしてくれる「脳から導く」本質的な改善法、真に健康的な習慣を身につけるトレーニングがここにあります。

 

◆お申込み・お問い合わせ◆

 

公式LINEに「友だち追加」のうえ、ご相談したい内容をメッセージして下さい。

 

【かねたバランス公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

 

今なら、ご登録特典として

 

①どうして長引くのか?どこで躓いているのか?~自分の傾向を知るチェック様式と解説動画

②最新の研究からみる、慢性痛のメカニズムと回復方法

③11年間悩まされてきたヘルニアによる慢性腰痛が、たった一度のカウンセリングで改善していった方法

 

の3つの動画をプレゼント!

 

その動画をご覧いただいたうえで、

プログラムに取り組んでみたい方には、

特別に、通常初回60分8,800円の個別カウンセリングを1,000円でプレゼントいたします。

(※動画視聴後に、簡単な宿題に取り組んでいただくことが条件です。詳しくはLINEからご相談ください)

  

※)施術が中断されることもありますので、極力お電話でのご相談はお控えください

※2)どうしても「お電話で!」という場合は、相談ではなく初回相談のご予約をお願いいたします「お電話でご予約をとる →60分初回相談を受けていただく」

 

 

【公式LINE】https://lin.ee/JRg7Sip

 

【公式Instagram】https://www.instagram.com/yoshi_kaneta

 

=============================

かねたバランス接骨院

【慢性の痛み専門プログラム】

・腰痛、頭痛、ひざなどの関節の痛み

・3か月以上改善しない症状

・将来に不安を感じる体の痛み

・ご家族のいたみ相談も 

 

金田良浩(かねた よしひろ)

1976年生まれ(47歳)秋田県出身

柔道整復師/スポーツメンタルトレーナー/日本いたみ財団認定いたみマネジャー

 

趣味:格闘技(柔道・空道)スポーツ鑑賞、アニメ鑑賞(スパイファミリー、王様ランキング、オッドタクシー、地獄楽など)、読書、家族と遊ぶこと(カードゲーム、ボードゲーム)、痛みの勉強

 

ひとこと:些細なことでも、お気軽~に聞いてみて下さい。まずは、あなたのツラさやお悩みを教えてもらわないと、私もお手伝いできませんので(*´▽`*)

 

投稿者: かねたバランス接骨院


SEARCH


ARCHIVE


かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook