かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.04.23更新

昨日のことで今日を消耗させてはならない。 ―――チェロキー族

 

  

 

 

過ぎたことに捉われて、いつまでも思い悩んだり

 

未だ来てもいないことに思いを馳せて、不安や恐怖に駆られるのは

 

マインドフルネスではありません。
 

 

過去や未来を生きていると、心も体も疲弊しちゃいます

 

それに気づいたら「今」に注意集中を向ける
 
 
 
過去や未来に捉われていることに気づく

今に注意集中を戻す

過去や未来に逸れていることに気づく

今に戻す



そんなことを繰り返しトレーニングしているうちに

 

「今」に戻るチカラ 「今」にとどまるチカラ が養われてきます
 

 

 
せっかくのこんなご時世ですから
ぜひマインドフルネスのトレーニングをしてみるのもおススメです(´ー`)
 

 

========================-========
 

過去や未来に捉われてしまう マインドレスな状態(マインドフルじゃない状態)は、
脳の扁桃体を勝手に興奮させ、ストレス反応を暴走させてしまいます。

痛みの悪化慢性化だけじゃなく、

脳の機能異常(うつ症状)や 自律神経を介する症状(不眠肌トラブル、手足の冷え血圧上昇、内臓の不調)にもつながっちゃいますよ

 

「マインドフルネスって…な~に???」

 

そんな方はかねたバランス接骨院まで

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.15更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

 

当院もコロナの影響を受け始めています…(-_-;)

ので、空いた時間を活用して、今まで先送りにしていたことに夢中になっています。

 

読みたかった論文も、読みまくってます。

 

(痛みと感情や脳の働きは切り離して考えることは出来ません)

 

 

 

(このあたりの内容は、シンプルにまとめて 後ほどYoutubeでシェアさせたいただきます)

 


 

(かなり効果的なようですね。コロナが落ち着いたら、スポーツ分野にも働きかけてみたいな~ だって効果的だから)

 

 

やっぱね~、勉強は面白いですよ! 新しいものを身につける感覚、発見というか、成長が実感できる感覚っていうんですかね(*'▽')!

とにかくやっぱり面白いです。

 

 

そして Youtube こんな時だからこそ、こまめにアップできそうですので、どうぞご覧ください!

 

【名言から学ぶ慢性の痛みから抜け出す方法 その2】→ https://www.youtube.com/watch?v=PR1uoO-nL6g 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

腰痛をはじめとする長引く痛みについて

最先端の研究で明らかにされた、科学根拠にもとづいた情報をお届けしています。

痛みがヒドク、そして長引く人ほど、認知行動療法やマインドフルネスなどの心理社会的な側面からのアプローチが効果的です!

 

もちろん、当院は徒手療法をメインですが

プラス! 心理社会的要因の側面にもアプローチすることで、その有効性は大幅にアップしますからね!

 

徒手療法 + 心理社会要因(認知行動療法・マインドフル) = かねたバランス接骨院 

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.13更新

パンデミックのリアルを描いた映画『コンテイジョン』

そのキャストからのメッセージです

→『コンテイジョン』キャストからのメッセージ(7分30秒) 

 

 

①手洗い ②咳エチケット ③距離をとる

 

自分と、大切な人たちを守るために

いつだって 最も効果的なことは   シンプル イズ ベスト!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ウィルスや、他人をコントロールすることは不可能です。

いつだって、自分でコントロールできることは 「私が何をどう考え(自分の思考)」「私がどう振る舞うか?(自分の行動)」だけです

テレビを観て、愚痴っぽくしていたって、なんの変化も起きませんよ 

 

 

入口=認知(自分が何をどう考え) 出口=行動(どう振る舞うか?)

 

この認知と行動に焦点をあてて、望む状態に役立つ手法を身につけていく。 認知行動療法という手法があります。 

 

ストレスフルな状況や、日常やスポーツ分野での逆境を乗り越えるために、とても有効な手法として有名です。が 

 

じつは、最先端の痛み医療でも「現時点でもっとも有効な手法のひとつ」として注目を集めてます。

 

かねたバランスでは、肉体的な側面への徒手療法に加えて、

この認知行動療法や第三世代の認知行動療法と言われるマインドフルネスを併用した

新しく、より有効なアプローチで、

早期回復・根本からの解決を目指しております。

 

 

腰痛をはじめとする慢性の痛みはもちろん、足のモヤモヤ感、頭痛、耳鳴り、不眠症、アトピーなどの肌トラブル、でお困りの方は

ぜひ一度ご相談くださいm(__)m

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.09更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

 

Youtube やっとこさアップしました(-_-;)

 

こちらは、おつまみ程度にご覧ください → 【最新の音声認識 訛りは通じるか!?】

 

コチラが本編です → 【長引く痛みは脳に聴け! 速やかに治る時と長引く時の違いとは!?】

 

動画でも解説しておりますが

「痛みに関する より正確な情報を入手すること」 そして 「自身の痛みを正しく理解すること」は

それ自体が治療的に働きます。

 

要するに

痛みのことを誤解していては、対処方法も的外れになっちゃいますよ! ってこと

 

根拠に乏しかった頃の 古く時代遅れの医学情報を盲信していては、誤解しっぱなしにΣ(゚Д゚)

 

ぜひご参考にしてくださいm(__)m

 

※)長い時間をかけて刷り込まれてきた「信念」を、 新しい役立つ「信念」に変えていくことは可能なんです。

意識的に、何度も繰り返し、その情報に触れること、見聞きすること、そういう行動を意識して数多くとること。 これがポイントになります。

 

何度も何度も、繰り返しご覧ください。 

毎日繰り返しご視聴いただいているうちに、いつの間にか、痛みに対する考え方に変化が起きていることに気がつくはずです。

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.08更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

 

ついにゲットしました!

家での楽しみ方が増えそうです!

  

 

 

どんな状況においても

ネガティブなことを考え、ネガティブな行動を選び実行していくか

 

それとも

今できる範囲で、楽しみを見つけ、楽しみを実行していくか

 

同じ時間を過ごすなら

わざわざ自分を苦しめたり、自分にダメージを与えるようなネガティブな時間を少なくして

健康的な時間を増やした方がいいですよね(*'▽')!!!

 

一日24時間×日数×ネガティブな感情

24時間×日数×健康的な考え方・感情

 

みなさんはどちらを選びたいですか??

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.07更新

お隣のパン屋さんから

新商品 「いちご」です!!

  

とにかくウメー(*'▽')!!!!! です

 

ありがたい! 感謝(´ー`)

 

「食パンに魔法! ジェノワーズブラン 南光台店」 の隣にある

 

腰痛などの長引く痛みに強い整骨院 かねたバランス接骨院 でした

 (ポチっとクリックでご覧いただけます) 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2020.04.07更新

【緊急事態宣言前夜? 「感染者数」速報で不安を煽るメディアが全く報じないデータと発言(楊井人文) - Yahoo!ニュース】 (下線部をポチっとクリックでご覧いただけます) 

↑どうぞ、こちらをご参考にm(__)m 

 

===========================================

 

いや~ん!  こわ~い!  右の人が、左の人に襲われそうになってる~Σ(゚Д゚)!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーー 

 

メディアリテラシー

 

メディアリテラシーってご存知ですか???

 

「メディアの 情報を読み解くチカラ 情報を見極め活用するチカラ」のことを言います。

 

ちなみに、医療健康に関する情報を読み解き、活用するチカラのことは「ヘルスリテラシー」といいます。

さらに、ちなみに(笑)

日本は欧米諸国に比べて、このヘルスリテラシーが低いのが現状です。

 

 

 

マスコミで報道される情報は、

事実の全体像の、ごく一部でしかありません。

 

その多くは、不安と恐怖に訴えかけるものです。

(じゃないと、だれもテレビ見ませんから)

  

でも、毎日、何度も、その一部の情報だけを繰り返し見聞きしていると

「それが全て!」「それだけが事実!」って思い始めてきちゃいます。(※リテラシーが低いほどね)

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

僕たちが思っている以上に、

メディアの画面の大きさ、伝えてくる視野の広さや情報の量は、限られています。

 

ごく一部のことを繰り返し見聞きさせられます。 

 

全体像を知らずに、ごく一部の情報だけで判断しようとすると、誤解が生じます。

  

リテラシーを高めるためには、それ相応のトレーニングが必要となります。

 

が、とりあえず

 

「ニュース断食」をすることをお勧めします。

 

①見すぎない(必要最低限だけ入手したら、繰り返し同じような情報に耳を傾けない)

②自分の中にわき起こっている感情を見極める(観察する)不安・恐怖・怒り・あせり・心配が多かったら、その情報や人物、出来事から物理的に距離をとる。

③リラックス・楽しい・嬉しい・幸福を感じられる時間を意識的に増やす。

 

どうして今これを訴えるかって?

 

『患者さんの話題がこれに集中してるから = 視野が狭くなっている証拠だから = その習慣を繰り返すと、扁桃体の過活動が治まんなくなるから = 痛みの憎悪につながるから & 鬱症状につながっちゃうから = ますますポジティブな情報は目に留まらず、ネガティブな情報に敏感になっちゃう』

 

から

 

施術中、会話をしていると、すぐに分かりますよ~ 

 

一応、そういうトレーニングを積んできている、プロですので。

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook