かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.12.30更新

新年は 1月4日(土)9:00~ です

 

詳しくは下記カレンダーをご覧くださいm(__)m

 

 

新しい年も 皆様にとって 幸多き年になりますように

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.28更新

本日で 2019年の業務が終了いたしました

 

お陰様で 今年も無事に年末そして新しい年を 家族で健やかに迎えられそうです

 

ご来院いただきました皆様 セミナーや研修等でお世話になりました先生方 また お問合せいただきましたたくさんの方々

本当にありがとうございました(*‘∀‘)!!!!!

 

皆様も良いお年をお迎えください^^

 

玄関わきも お正月仕様に↓

 

 

 

 

毎回 季節にあわせて作って来て下さる Sさん本当にありがとうございますm(__)m

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.24更新

Happy Merry X,mas 

↑ 僕らのクリスマスソングといえば、これでしょ
 

ということで

今年も皆様にとって、ステキなクリスマスになりますようにm(__)m

 

 

患者様からいただいたクリスマスフラワー(*'▽')! メッチャ素敵ですよね~

 

入口 脇をご覧ください

 

 

=================================================

子育て日記もよろしくです

X`mas ~新たなる試練

流行り病

入口と出口

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.24更新

八木亜希子さんの線維筋痛症のニュースについて思うコト

 

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 かねたです。

 

線維筋痛症のニュース

今回も「原因不明」と説明されていましたが、皆様はこれを聞いてどのような印象をもたれたでしょうか?

どうすることも出来ない難病? 打つ手立ても全くない!? 

 

そんな風に受け止めた方もたくさんいらっしゃるかと思います。

  

でもこれ 原因が「まったく分かっていない」というより

"複数の要因が重なって起きる"症状なので「“これが原因です”と、原因をひとつに特定できない!」という意味合いの方がより正確だったりします。

  

逆に言えば

画像検査でも、血液検査でも

すぐにでも処置をしなければいけない重篤なもの、これといった痛み信号を発信するような損傷や異常はありませんよ~

という意味。

 

だから、本来ならばそんなに不安になったり心配になることはありません。

 

じゃあ、どうしてそんなに激しい痛みを感じるの!?ってなると

 

「痛みを処理する(痛み信号を感知する )脳の働きが 正常に働いていないから」ってなります。

 

そして、それを引き起こす要因って言うのが

睡眠不足だったり、過労だったり、将来に対する不安だったり、

症状に対する恐怖心だったり、不適切な健康情報を信じ込んでしまったこじれだったり、

対人関係のもつれだったり、ガマンしすぎていることがあったり、学校や仕事上のモヤモヤだったり…

 

いわゆる「心理・社会的要因」っていうのが大きな影響を与えています。 

 

それらの要因が、たっっっくさんのことが絡み合って、脳の鎮痛の働きに影響を及ぼします。ので、原因はひとつに特定できません。 

 

ひとつに特定できませんので、

当然治療方法も「“これ”ひとつだけやっておけば大丈夫!」という特効薬的なものがないのも当たり前です。

 

 

ですので、こういう場合は "有効性が確認されている、いくつか複数の治療方法を並行して行う" ほうが効果的。なわけです

 

 

もう一度言います。

「原因不明」と聞くと、慌てたり、不安になったり、怖くなってしまいますが、落ち着いてください。

 

原因がよく分からない。は、精密な検査でも「身体的には」重篤な病変・痛み信号を強く発するような損傷は見つからない。

という意味ですので、安心してください。

   

仮に「あっても(検査で引っかからないような)些細なもの」だったり、 

触れたり・さする程度の本来なら痛み信号として認知しないはずの刺激だったり。

 

これを、脳が痛みとして処理してしまう状態ですので、

ヤギさんには 身体の異常に注意注目しないで、「心理社会的要因」や「脳のリハビリ(鎮痛機能の回復)」にもいち早くアプローチしていただけたら嬉しいな~と思うわけです。

(だって学生時代、朝のあの笑顔にどれだけ元気づけられていたか!w  早朝の英語番組やっていた早見優さんと、めざましテレビの八木さんはお陽様のようでしたw) 

 

 

 

間違っても

「骨盤が!」とか「添加物が!」みたいに

誤った情報に振り回されないように<m(__)m>

  

誤った情報は、不適切な信念をつくりだします。

不適切な信念で疾病や治療と向き合っては、身体も見当違いの反応をしちゃいますので。 これについて詳しくは後程どこかで・・・

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.07更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

 

11月1日は何の日?

 

そう! 皆さんご存知、わたくし金田のバースデーw

でもありますが

ちょうどその日に、お隣にパン屋さんがオープンしました(*‘∀‘)!!!

 

  

「洋菓子店のシェフが生み出した まるでスポンジケーキのような食パン ~」

 

 

 

パン好きの金田家

休日は少し遅めのブランチ

あん食をスライスして、パターをぬりぬりトースト

表面がカリッとした感じと、バターとあんこのジュワッと感とフワッとした生地の食感

コーヒーもよけいに美味しくいただけちゃいます~

 

明日は日曜日、ジェノワ―ズブラン南光台店さんの 美味ッしい食パンいかがですか? 

 

======================== 

ジェノワ―ズブラン南光台店 泉区南光台東1-52-18

 

 

期間限定の「バジル」なんかは、お酒のお供にも最高っス(>_<)

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.06更新

 

皆様こんにちは!

 

かねたバランス接骨院 金田です

 

 

 

痛み難民のニューヒーロー ブレインマン!って感じっスかねw

 

まずはコチラの動画をどうぞ

はい、ポチっとな

 

【ブレインマン!】 ~ 痛みへの理解 
 
 

============================

感情的な衝撃があった出来事が、いつ痛みの発症につながったか理解することが助けになります。

早い時期に、根底にある「抑うつ」や「ストレス」または「不安」や「恐怖」を自覚することは、

時間とともに 痛みを和らげていくことに きわめて大切です

============================
 

 

私、個人的にすごく大好きな部分でもあります。

それに、サラリと軽く流されがちですが、すごく大事な部分でもあります
 
 

 
 
多くの方が、身体ばかりに注目して、筋骨格にばかり原因を求めがちですが
 
科学研究が明らかにしてくれたのは、こころの面も含めて、広い視点で理解し、アプローチすることが、より有効で、必要不可欠ということ。
 
 
 
  
もっと
たくさんの方に知ってもらえたら
 
より多くの痛みでお悩みの方が救われるんだろうな~ と思います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 
『腰痛患者に対する画像検査は無意味』(Boos N & Lander PH , Eur Spine J,1996)

『発症後 1年以内の腰痛患者と、健常者の骨盤の歪みを厳密に測定した結果、どのような臨床的意義においても、骨盤の非対称性と腰痛は無関係』(Levangie PK , Spine,1999)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
歪み? すり減り? 突出? 骨格に異常があるから…???
 
  
解決すべき課題、取り組むべきポイントは、「ここ」にはないんですよ(´ー`)
 
 
 
 
皆様の回復のキッカケになりましたら幸いです。
 
 
 
 
 
========================-

 

過去記事はコチラ

「【12月編】 『50歳からでも間に合う! 腰痛などの長引く痛みを根本から解決するマインドフルネストレーニング』」

「腰痛でお困りのスポーツ選手の皆様へ」

「股関節の変形と痛みは無関係!?」

 

子育て日記もね

「たまにはマジメにw」

「20円引き!?」

「ちっさ!!」

 

痛みに関するご相談、お仕事の依頼はコチラ

かねたバランス接骨院 問合せメール

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.04更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

 

今回はこちらの動画のご紹介。

→ 『なぜ慢性痛に運動療法が効くのか?』

 

「筋力がつくから」「血流が改善するから」だけではありません

 

動くことによって「慢性炎症が治まってきます」(きっと多くの方は動くと炎症がヒドクなる!と勘違いしていることでしょう)

動くことによって「痛みを鎮める脳内ホルモンがいっぱい分泌されます」

動くことによって「これくらいなら動いても大丈夫だ」と痛みに対する考え方(認知)が変わってきます

 

ここで注意! 

完璧主義(全か無か。0か100か)の方は気をつけて

「ほんのチョットじゃやった意味がないだろう…」 と10%くらいは動けるはずなのに、「100%じゃなきゃ0と一緒」という思いに振り回され、全く取り組まなかったり。

反対に10%しかできない現状なのに、「100%やらないとやった気がしない!」という思いに振り回され、無理に頑張りすぎたり。そんなパターンにハマっちゃいますのでm(__)m

 

今の自分にはこれくらいしかできない、現状と向き合い。 今できることで満足する、いい意味であきらめる。 最初から完璧をもとめず今できることから始める。 

そんな心の柔軟性を養うトレーニングにもつながりますよ(*'▽')

 

 

 

そうそう

 

そういう 心の柔軟性を養って、 痛みの信念を変えていきましょう! 動いてきましょう! という取り組みをしているところがあります

コチラ → 『50歳でも間に合う! 腰痛などの長引く痛みを根本から解決するマインドフルネストレーニング』 

 

 

結局は告知になっちゃいましたw

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2019.12.03更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です。

 

今日は院内イベントの告知です。

 

イベントと言いますか、これ自体が「長引く痛みから抜け出す有効なプログラム」でもありますので、たくさんの方にご参加いただけると嬉しいです

 

さて、12月のプログラムですが

 

主に「コーピング」について学びワークに取り組んでみたいと思います。

 

長引く痛みでお困りの方はコーピング能力が低い傾向にあります

 

具体的には、

痛いときに 「これをすればいくらかでも楽になる」「これを考えているとハッピーになれる」「この環境にいると癒される」「この人といると…」 など

自分にとって、痛みを軽減してくれること、 楽にしてくれること、 楽しい・嬉しい・幸せなど心地よい気持ちにしてくれるもの… 

そのような対処法のことをコーピングと言いますが、

 

慢性疼痛でお悩みの方は

痛み ~痛い個所・痛い動き・痛いとき や 出来ないコト ダメなこと にばかり注意集中がむいてしまいがち。なんです

 

扁桃体が暴走し、ささいな出来事、チョットの刺激にもストレス反応をおこしてしまう状態ですから、それも仕方ないのかもしれません…(こちらの詳細はプログラムの中でご説明いたします)

 

でも、ありがたいことに

トレーニング次第で扁桃体の暴走にブレーキをかけてくれる「報酬系」を元気にすることも出来るのです。

 

その一つがコーピングのワーク。

 

日常に潜む、自分にとってプラスになること もしくは マイナスを軽減してくれること。

これを探しているだけでも「注意集中が痛みから反れていた!」 な~んてことも多々ありますよ(´ー`)

 

   

11月から始めたワーク~自己観察~も活きてきます。

あなたにとって何が不快で 、 どれが嬉しくて、なにが楽しさや幸福感なのか? 

自分の「考え」や「感情」に「気づき」さえしないと わたしにとってのコーピングなんて探せませんからね

 

ということで

本気で痛みから抜け出したい!!方  単純に興味のある方  いずれご縁がある方 勇気をもって。 ぜひお待ちしております!!!

 

12月は 5日(木) 19日(木) の2日間です。

両日とも11:30~ 60分程度

 

詳細はコチラ → 50歳からでも間に合う!腰痛などの長引く痛みを根本から解決するマインドフルネストレーニング

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook