かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2018.10.31更新

こんにちは金田です

 

今回は『どんな痛みでも、心の影響が関わっている』というお話です(´ー`)

 

急性の痛みだから、心理的な影響なんて関係ないでしょ?

と思われがちですが、それはちょっと違います。 

  

 

どんな痛みでも脳で感知しています。

そして、心の状態によって脳の働きが変化しますから、

どんな痛みでも、心の影響は受けているわけです。

  

 

どんな痛みでも!?って

 

そうそう

骨折したとか銃で撃たれたとかであっても、

その時の「意識の向き方」とか「このケガをどう受け止めているか」なんかで痛みの感じ方は変わってきます。

 

 

皆さんも経験はあるはず

「いつの間に? 何かに夢中になっていてケガに気がつかなかった!」とか

 

何てことない擦り傷で、最初は何ともなかったはずなのに

「血が出ているのを見た途端に、急に痛みがヒドクなっちゃって、泣き出しちゃった」とか

 

ほんで、お母さんに抱きついて、ヨシヨシなんてしてもらっている間に、痛みが落ち着いちゃって泣き止んじゃう。とかね

 

 

そして中にはこんな経験をされた方もいるかもしれません

「そんなこと構っていられない!今は逃げなきゃ!とにかく誰かを助けなきゃ!!」って

後で気がついたら、すっごいケガしていたとか、骨折れてた。とか

  

 

 

意識(こころ・注意集中)が痛みやケガ意外のことに向くと

痛みもケガも気にならなくなっちゃう

 

逆に、ケガや痛みに注意(こころ)が向いちゃうとヒドク感じてしまう 

 

わけです (これに関する詳しい話はまた後ほど)

 

 

でね、

よく誤解されていることがコチラ

 

心理的なものが原因で痛くなっているケースなの?

それとも

身体(筋肉とか関節・神経)が原因で痛くなっているケースなの?

  

という白か黒か2分類で考えてしまうこと。

 

 

改めて言いますね。

 

心理的要因が影響するのは

慢性の痛みだけではありません!!

 

筋骨格系や内臓などの身体が原因の痛みでも、急性の痛みでも、

その「痛みの感じ方」や「治療効果のあらわれ方」には、少なからず心理的なものが影響しています!

 

慢性の痛みは、とくに心理的な影響が「大きく関わっている」ということ。

 

 

患者さんもそうだけど、

治療にあたる方も

サポートするご家族さんも

ここを勘違いしちゃうと、ケアが充分に行きわたらなくなっちゃうかも~

 

以上

『どんな痛みにも、その感じ方や治療の効果には、心の状態が関わっている』

というお話でした。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook