かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.14更新

 

 「あなたは、睡眠中に精神的な充電をしているのです。

 適当な睡眠は、人生の喜びのためにも活力のためにも、欠くべからざるものです」  
   ーーー J・マーフィー

 

 

痛くて眠れない…

 

日中はいいけれど、寝る時間になるとムズムズしたり、症状が酷くなったり。

もしくは

眠りの途中で目が覚めてしまい、症状がひどく感じられてしまう。

 

こういうのって

いったん気になりだすと、ますますツラくなってしまいます。

 

これでは、質のよい睡眠はとれません。
 
 

 

 
「どんな痛みでも脳で感じています」

 

 

ストレスホルモン(コルチゾールなど)が過剰に分泌され、

幸せホルモン(セロトニンやオキシトシン)の分泌が低下すると、

脳は痛みに敏感になり、体から送られてくる些細な信号も、強い痛みとして感知してしまいます。 

  
痛くて眠れない、目が覚めてしまうのは、このせいかもしれません。

 

 
 
睡眠には、これらのホルモンバランスを調えたり、

気分やストレス・集中度・幸福度に大きな影響を及ぼす。そういう効果があることが、たくさんの研究で報告されています。

 

 

眠れない → ホルモンバランスの乱れ → 脳が休めない → 神経過敏・イライラ・気分の落ち込み・不機嫌→ますますストレスや痛みに過敏になる
 

 

この悪循環から抜け出すためにも、しっかりと質のよい睡眠を十分にとることが大切です。
 

 

 

「快い眠りこそは、 自然が人間に与えてくれる やさしく なつかしい看護婦である」 
ーーーシェークスピア

 

 

 

~ 今日からできるこころのトレーニング ~

 

心配事や、くよくよ同じことを繰り返し考えたりするのも、脳(こころ)を多忙にし、しっかり休めなくなってしまいます。

就寝前は、からだと脳(こころ)をゆっくり休め、リラックスする時間をとることが大切です。

 

 
適度な運動

 軽く息が上がるくらいの運動をする。日中に適度に身体を動かすことで、睡眠の質を高めるという研究結果もあります。

 ただし、睡眠前の激しい運動は、かえって体と脳を覚醒させてしまいます。

 できれば夕飯前までに、からだを動かしておきたいものです。

 

 

穏やかな呼吸とストレッチ

 私の院では、ブレス&ストレッチングと呼び、ことあるごとにおススメしております。

 一日の終わりに、仕事や勉強、運動などでいつの間にか緊張した体を、じっくりと伸ばしながら、ゆったりとした呼吸とともに脱力させていきます。

 ストレッチの種類は、どんなものでも大丈夫。一般的な柔軟体操(ストレッチング)でいいんです。

 ポイントは 

 「息を吸いながら体にある緊張に気づく。息を吐きながら、体にある緊張を穏やかに静めていく」 こと

 呼吸を穏やかにすると、体も心も穏やかになっていきます。

 

 

寝る時間を決める

 家事や仕事など「これを完璧に終わらせてから」をたまにはやめてみましょう。

 「完璧じゃないと許せない」は、痛みが長引きやすい傾向にあります。

 「今日は〇時には床にはいる!」 あらかじめ決めておく。

 そして、それ以外のこと、やり残したことへの執着は捨てる。 決めておいた時間になったら寝る準備をする。 そんな日を設けてみましょう。

  

 

眠るための環境を整える

 寝室を「睡眠をとる」ための空間にしていきましょう。

 この場所では、仕事をしたり、ゲーム、スマホ、パソコンなどの娯楽はしない! 

 温度・空調・明るさ・香り・寝具など、とにかく眠るために役立つもの、つまりは 自分が穏やかになれる場所、心地よく感じる環境 に整えます。

 

 

眠りに入る準備

 とくに睡眠の前は刺激をさけましょう。静けさと穏やかさを準備していきます。

 仕事・パソコンやスマホ、テレビなどの光刺激・カフェイン・激しい運動・過食やアルコールの飲みすぎ、などは深い睡眠を妨げてしまいます。

 「床にはいる!」と決めた2時間くらい前から、これらを意識的に避けることも大切です。

 

 

 

次週

006「日記をつける  ~その1 感謝日記」

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook