かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2021.06.09更新

「痛みが強い! = 身体に大きな異常がある!」 わけではない

 

からだのどこかに異常があるから痛いんだ!という「損傷モデル」 この考えはもはや古い医学モデル

 

どんな痛みでも「脳」で感知している

 

だから

身体的には同じ傷を負っていても、「脳」の働き方によって、一人一人 その感じ方は違ってくる。

 

だし

特に身体に異常がなくたって、脳の痛み興奮が起きていれば、実際に激痛を体感することになる。 「とくに異常は見当たりませんけどね~」というのは、そういうこと。

 

「痛みが激しい=体のどこかに重大な損傷があるはず(損傷モデル)」ではない。。。 

 

この「脳の痛み過敏」には、「心の影響」であったり、家庭的な問題や職場の問題など「社会的な影響」も大きく関わっている。 

そういうこともあって

世界の研究では すでに「生物・心理・社会的モデル」という新しい痛みの視方にシフトしている。

  

===============

 

「とくに異常はない…」医師のこの一言を聞いて、その後の競技人生を左右することが起きる。

 

ひとつは「あ!よかった! じゃあ大きな損傷はないってことね」と安心を感じる人たち。

もうひとつは「!! こんなに痛いのに異常がないって?」「この医者はヤブ医者だから分からないんだ!」「もっと大きな病院で精密な検査を受けないと、分からないんだ!」と怒りや不安、あせりを感じる人たち。

 

同じ症状でしかないのに

安心を感じた人たちはスムースに回復することになり、競技への復帰も早まる。

そして、怒りや不安・あせりを感じた人たちは回復が遅れ、過度に安静を保つことになる。そればかりか症状がよけいに悪化することにもなる。

 

 

起きている出来事は同じなのに

その後の経過はまるっきり正反対にむかっていく。

 

「身体の問題」が経過に影響しているのではなく、その時の「心のあり方」が大きく影響しているところが面白い 

 

=============

  

できることなら

こういう【最先端の痛み研究を、きちんと学ばれている】かたに出会ってもらいたいものだし

こういうことを【きちんと時間をとって、丁寧に説明をしてくれる】かたに相談をしてもらいたいものだ。

 

ひょんなことから、最先端の痛み研究情報を学び始めて十数年。

 

いまだに

ごく一部の大きな医療機関でしか、きちんとした対応が出来ていないのが現実。

 

ふとしたご縁から知ってしまったこの情報

のめりこんで身につけてきた知識と技術

 

部活動をがんばる学生たちには、ちゃんとした情報を、キチンと丁寧に伝えていこう

そして

世界の研究が明らかにしてくれた、しっかりとした、より有効な新しい手法を、たくさんの方に届けて行こう

 

=============

 

長引く腰痛・日常に支障がある腰痛でお困りのお子様をもつ40~50代のお父さんお母さんに

新しく有効な解決方法と将来の安心をお届けします

 

完全予約制ですのでご相談はお早目にm(__)m

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook