かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2021.06.24更新

皆様こんにちは!かねたです(*'▽')!

 

梅雨入りしましたね~ と同時に、今週に入って「腰の痛み 椎間板ヘルニア」についての相談が続いていたんです。

嫁ちゃんと「なんかヘルニアの相談多いね~」とか「今だに、ヘルニアが腰の痛みの原因だ!って刷り込まれている人多いんだね~」なんて話をしていたのですが、

ついに今日午前、4人目の相談が(笑)

 

これは何か試されてるのか(・・? と思いつつ、

ヘルニアなど関節や骨の異常で気分が沈んでいる方の、不安を少しでも解消しようと書き出しております。

 

===================

 

結論から言えばね、「この動画を何度もじっくり観てちょ」って話( ´∀` )

 

『ヘルニアについて(1/3)https://youtu.be/4jSXyxobp7Y』

『ヘルニアについて(2/3)https://youtu.be/7qpFiAMDRhQ』

『ヘルニアについて(3/3)https://youtu.be/xDWUB1-_bg8』

ついでに

『スポーツを頑張る子どもの腰痛 ~脊椎分離症すべり症について(1/3)https://youtu.be/VSedrL8pVvk』

 

【ヘルニアのほとんどは痛みと無関係です】

①ヘルニアは、別に痛くも何ともない健康な人でも、とりあえずMRI摂れば、40歳を過ぎると約8割の方がヘルニアもってます

②ヘルニアに対する手術の成績は、プラシーボ効果(心理的な効果・信じる効果)を超えられていません

③ヘルニアそのものが痛みに直接かかわるケースは2~3%(研究によりもっと少ないものもあります)

④ヘルニアがあっても強い痛みが生じるかどうかは、職場や家庭のストレス(不満・対人関係・環境処遇の良し悪し)や、その患者さんが不安や心配、恐怖を感じやすいかどうか、抑うつ状態じゃないか。が大きな要因である

⑤椎間板ヘルニアは約2か月~6ヶ月で自然と消滅します(痛い!痛くない。に関係なく)

  

ということで、病院で画像検査をして

「ヘルニアですね。ここが飛び出していて、神経に障ってます」

な~んて言われても、それは痛みと関係はありません。

 

これはね

お肌を検査して、

「ここにシワが出来てますね。ここにはシミもあります。異常なお肌ですね。これがお肌の痛みの原因です」

って言われているのと同じです。

 

================================= 

 

【間違った知識には注意せよ!それは無知よりも危険である!!】

いままで刷り込まれてきた古い常識は、回復には役立ちません。

若い人ほど(うちでは学生~30代・40代前半くらいかな~)まだ深く刷り込まれていないので、ヘルニアに関する新しい情報をお伝えすると「えっ!そうだったんですか? 安心~」ってなる傾向が多いです。

ところが50代を超えてくると、いままでずーっっっと「ヘルニアが神経に障って痛いんだ!シビレルんだ!」と信じ込んできたわけですから、その信念は頑固になり、新しい情報を聞いても

「医者でもないのに何言ってんの?」とか「へ~、そんなこともあるんだ」くらいで、聞き流されます(笑)

 

私の腰痛はヘルニアが原因だったんだ!説にすがって痛いんでしょうね(´ー`)

 

=============================

【膝の変形だって同じだよ~】

 

「画像に写る異常と痛みがほとんど関係ない」という事実は、腰の痛みだけなのか?

と思われるかもしれませんが、実はそれだけではありません。

最近よく聞く脊柱管狭窄。脊椎分離症すべり症。膝の変形や半月板損傷だって、実は同じなんです。

 

①50歳を超えると、別に痛くなくても50%の割合で半月板が損傷しています。

②そもそも、神経も血管もない軟骨が壊れようが欠けようが、それ自体が痛みを出すことはない。(爪切ってもいたくないでしょ)

③ひざの変形(軟骨のすり減り具合)の重症度と、ひざが痛くなることに関連性はない

④変形性膝関節症の手術成績は、プラシーボ効果(思い込みの心理効果・信じる力)を超えられていない。

 

もうね~ まだまだたくさんあります(笑)

 

ので今回はこのあたりでm(__)m

 

=================================

【人間の持つすごい能力は、起こる出来事を幸福にも不幸にも、どちらにも意味づけできるということです。 ―――アンソニー・ロビンズ 

 

【「好」天気も「悪」天気もないのです。ただあるのは、天気と天気に左右される私たち自身です。 ―――ルイーズ・L・ヘイ

 

【私たちは無知によって道に迷うことはない。自分が知っていると思い込むことによって迷うのだ。 ーーージャン・ジャック・ルソー

 

 

「ヘルニア」や「関節の変形」は、ただ「存在する」だけです。 それをどのように受け止めて、どう解釈するのか? 何をイメージして、そんな気分になるのか?

実は、

ここに「悪化・慢性化」に向かうか? それとも「回復・治癒」に向かうか? の重要な鍵が隠されているんですよ~

 

=============================

回復・治癒のジューヨーな鍵をゲットしたいと思ったら!  かねたバランス接骨院へヽ(^o^)丿

ご予約制なのでお早目に~ 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook