かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2021.07.30更新

知り合いの投稿でこんな記事を見かけました

 

【面倒な人の欲求を「察してあげる」と、増長してさらに扱いづらくなる】

 

===========================================

 

これ「オペラント条件付け」って言います(*´▽`*)

 

無意識に学習して、勝手に思考と感情と行動が反応しちゃうものなので、本人は意識的にやっているわけではありません。

 

たとえば

チームの中で一番上手な選手が、あからさまに不機嫌な表情や行動をとりはじめたり。

 

たとえば

気に食わないことが起きると、急に大きな声を出して怒鳴ったり、相手の行動をさえぎったり。

 

たとえば

小さい子どもが、寝転がって駄々をこねたり。

 

 

これは

“その表情や行動をする”と、相手を自分の思うように動かすことが出来る。

と、これまでの経験で何度も学習してしまった状態。

 

悲しいかな、そういう態度をとることで、自分の目的を果たすことが出来る、ということを無意識に覚えてしまったんですね~

 

でもね

残念ながら、そういうチームは強くなれません(>_<)タハ―

 

スポーツにしても、仕事にしても、家族だってそうです。

そういう人がトップにいるチームは、チーム力があがりません。

 

いませんか?皆さんのまわりにも~

  

ちなみに、この対策は簡単

「無視する(スルーする・放っておく)」です(笑)

これについては詳しくは後ほど~ 

 

=============================

  

今日お伝えしたいのはですね、

このオペラント条件づけは、 なんと!痛みの治りにくさにも "大~いに!!!” 関係しているってこと。

 

痛みを訴えることで、

・やりたくないことから逃れられる。

・他者から優しくしてもらえる

・「大丈夫?」など、大切な人から注目してもらえる

・自分の訴え(信念)のほうが正しいんだ!ということを誇示できる

 

などなど、 じつは相手を動かしたり、得たいものを得る、もしくは避けたモノから避けられる。 そんな目的が果たせていたとしたら…

 

なかなか痛みが治りにくくなっちゃいますよね~

 

だって、痛みがなくなったら、今までどおりのメリットが得られなくなる「怖さ」があるから。

 

でも、これって

「痛みが本当にシンドイから、何とか回復に向かいたい!」という、そういう目的の場合には、全ーっく役に立たない条件反応です。

 

じゃあどうすればいいのか? 

対策は、いがいとシンプルだったりします(*'▽')!

  

気になる方は、施術のときにでもお声がけくださーいヽ(^o^)丿

 

======================================

 

痛みのことは、痛みに詳しい人からアドバイスを受けるのがイチバン!なので、ぜひご相談くださーい(*'▽')!

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook