かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2022.01.14更新

皆様こんにちわっ(*'▽')!

今日は「痛みでお困りの方」と「お子様とのコミュニケーションでお悩みの方」

そして「誰かしらのお悩み支援にあたっている方」必読です!!

 

 

腰痛などの長引く痛みでお困りの方には、こんな傾向があります

 

『痛い!話が多い』

 

とってもシンプルですが、痛みから抜け出せない人ほど

「私は〇〇だから痛いんだ!」

「ここをこうすると痛くてダメだ~」

「こうやって動かすと、ここの部分が痛くて…」

とひたすら「私の腰(患部)は痛い」「痛くて〇〇ができない」のお話を繰り返します。

 

実はこういう「痛み行動」は諸刃の剣でして

「他者に分かってもらう」には役立つのですが、症状の回復という点で見ると、やればやるほど悪化します。

 

痛み話をすればするほど、

①痛みに注意集中が向きます

②私は痛い人間なんだ、私の腰は痛いんだ。という信念が強化されていきます

③そして、脳の痛み興奮がどんどん酷くなります。

 

私たちには「話している方向に、気持ち(注意集中)と行動が向いていく」という不思議な働きがあるんです。

 

だれでもありますよね?

「痩せたい!でも、食べたい!」

「お酒をやめたい!でも、呑みたい!」

「結果を出したい!でも、休みたい!」

「これをしたい!でも、上手くできない!」

「治したい!でも、(分かってもらいたいから)話したい!」

みたいに、つねに綱引き状態にあるわけ。

 

で「食べたい話」「呑みたい話」「休みたい話」「できない話」「痛い話」をするほど

その方向にモチベーションが高まり、行動が引っ張られます。 結果、抜け出せない… 

 

じゃあ、どうしましょうか?

 

ということで、ご興味がある方はコチラの動機づけ面接法をどぞ(*'▽')!

 

 

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院


SEARCH



かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook