かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.09更新


誤った知識には注意せよ それは無知よりも危険である

~ バーナード・ショー

  

 

参考記事です ↓↓ ポチっとクリックで記事が読めますm(__)m

  

「変形性膝関節症の 関節鏡下手術は、

  プラシーボ効果(心理的効果)を超えることは出来ていない」 

 

 

 

「結果、痛みや機能において実際の手術はプラセボと変わりがなく、

予後に関してはプラセボよりも悪かったという結果になりました。

サイエンスから見て、MRI画像所見と痛みとの関連性は低いと言われています」

  

 

 

アメリカのモズレイ医師らの研究です

 

2002年に発表され、

アメリカスポーツ医学会賞を受賞しているとっても有名なもの。

 

スポーツ選手のボディケアや、ひざの痛み治療に関わっている方なら、知らない人はいないはずです。
  
 
 
私も、10年ほど前にこの情報を学んだときには、

すごい衝撃を受け、すぐには信じ切れなかったのを覚えています。
  

でも、

これが事実。
 
  
 
   
「関節が変形してますね…」

「関節がすり減ってますね、なんなら関節ネズミが…」

 

たしかに、MRIなどの画像上はそうなんでしょうけどね~
 
それが痛みや症状の直接原因かといわれたら、、、ちょっと疑問がのこります。 

 

 

こういう情報を知らないと

「関節の変形=痛み!」

という、古く誤った医学情報に振り回されてしまいます。

(セラピストが安易に言っちゃうと、患者さんを振り回すことにもなります)
 
 

 
 
関節の変形そのものは、それほど心配しなくてもいいんです。
 

 
 
それより怖いのは

「変形しているから痛い」という、心理的な呪いをかけてしまうこと。
 
 
 
かねたバランス接骨院は、

 
巨人たちの恩恵をいただきながら

正しい情報を活用して、呪いを解くセラピストでありたいと思います。

 

 

巨人たち = 世界中の科学者たちが、莫大な労力を費やして導き出してくれた事実・研究情報・その積み重ね。

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook