かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.06.26更新

「医療・健康情報を見極めて活用する力」のことを

ヘルスリテラシーといいます。

 

  

このヘルスリテラシーが低いと

 

・死亡率が上昇(Bostock S,et al,BMJ,2012) 

・健康状態の悪化と死亡率の上昇(Berkman ND,et al,Ann Int Med,2011)

・医療の質低下、健康状態の悪化&救急搬送率&入院率&長期入院率が上昇(Editorial,Lancet,2009)

 

しちゃいます(;'∀') 

 

 

情報に振り回されて、かえって不健康になっちゃいます。

不安や心配が膨れ上がり、扁桃体が興奮し、ストレスホルモンが身体中をめぐっちゃったりしますからね。

 

ので

痛みの回復のためにも

将来の健康的な人生を謳歌するためにも

できるだけ若いうちから

正しい情報を身につけて不安・心配・恐怖に振り回されないことが大切だよ~

とセミナーなどでも啓蒙させていただいております。

 

最近、このような情報を得る機会がありました。

「頭が痛くて、心配になって、MRIをとってもらった…」なんてご相談もたくさんいただきます

もっと早くに知っていれば、もっと違った角度から、もっとたくさんの方のお役に立てたのかもしれません。

 

 

何かのご参考になりましたら↓↓↓

 

  

両親が、脳梗塞、くも膜下出血をしているので、私の脳ドック受診の相談をかかりつけ医にしたところ、「受ける必要がない。問題が発覚したところでどうしようもない。」と言われましたが、実際はどうなんでしょうか?

 

第5回 脳ドックで脳動脈瘤が見つかったらどうする 手術か経過観察かどちらが正しい?

 

10ミリ以下の未破裂脳動脈瘤が破裂する確率は 0.14~3.19%

手術により手足に麻痺が生じるリスクは 1.9~12%

不安を募らせてしまうと、そちらの方が健康を害するのでは…

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook