かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.03.12更新

皆様こんにちは!

かねたバランス接骨院 金田です

===============================

過去ブログはこちら(下線部分をポチっと、クリックでご覧いただけます)

【く・ぴ・た】 

【つ、ついに...!!!】

【すべり症について】

【腰痛でお困りのスポーツ選手の皆様へ】

【50歳からでも間に合う!長引く腰痛を根本から解決するマインドフルネストレーニング】 

 

 

====================================== 

 

ヘルニアの改善ポイント

 

①正しい情報を身につけて、過剰な不安を解消すること

②正しい情報を身につけて、回復に役立つ最適な対処法に取り組むこと

③ヘルニアにこだわらず、痛みやシビレ感の引き金になっている筋にアプローチすること

④ヘルニアにこだわらずに、脳の鎮痛の仕組みを回復させるアプローチをすること

 

この辺りが、早期に回復するためには大切

実は、とてもシンプルなんです

 

詳しくは、こちらの動画をご参考にしてください(画像をポチっと。 クリックでご覧いただけます)

 

←「ヘルニア」と言われた時に見る動画です

 

(画像をポチっとクリックでご覧いただけます)

 

←ということですので、「手術だね」と言われた方でも、速やかに回復していくわけです。

 

(マット化してみました(笑) 画像をポチっとクリックで、ご覧いただけます)

←「手術だね」と言われたとき。 もしくは「なんとか手術をしないで回復する方法がないか!?」と悩んだ時に参考になるはずです。

  

  

そもそもヘルニアは痛みやシビレの真犯人ではありません。

ですので、医学研究がすすんだ昨今では

“手術がもっともすぐれた治療法”ではないのです。

(※重篤な病変が起きている時は適応です)

 

現時点で “もっとも効果的で、実績のある”

最先端の研究にもとづいた、欧米諸国の新しい有効なアプローチは

「認知行動療法」と「運動療法」です

 

つまり

「認知」(受け止め方・考え方)と「行動」を回復に役立つものに変えていくこと

そして不安や恐怖に振り回されずに、適度に身体を動かすこと(運動療法)

 

加えて

かねたバランス接骨院では、痛みやシビレの引き金になている「筋肉・筋膜」に対する徒手療法を組み合わせることで

ヘルニアや脊柱管狭窄症、膝や股関節の変形など、手術を回避し普通通りの生活を取り戻す症例を積み重ねております。

 

20年以上、筋肉・筋膜への徒手療法を学び実践してきたこと。

十数年、痛みの最先端研究を学び続けてきたこと。

 

愚直に学び続けてきたお陰なのかもしれません。

 

 

(筋・筋膜への徒手療法)+(認知行動療法)+(運動療法)= 快復への近道

 

悩んでいないで、お気軽にご相談くださいm(__)m

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook