かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2022.06.30更新

6月なのに梅雨が明けちゃいました(・ω・ノ)ノ!!

そして今日で6月も終わり。半年が過ぎちゃいましたね~

 

「2022年後半戦はどういう風に過ごせたら最高でしょう?」

 

ということで、明日から7月。下半期のスタートです!

 

※)6日(水)は介護予防セミナーのため、13:30からの受付となります

※)26(火)27(水)は研修会のためお休みをいただきます

※)土曜は9日だけお休み!他は絶賛予約受付中!!

  

連日暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

身体も心も整えながら、心地よい毎日を過ごしていけたらいいですね(´ー`)

 

そんな折に

熱中症対策として、アンドリューワイル博士の4-7-8呼吸法が紹介されていました♪

 

(当院の本棚にもありまっせー この本を理解出来たら、将来の健康の不安は失せていくことでしょう(*'▽')~)

 

テレビでは「脳を冷やす」という説明でしたが、ちょっと補足を。

 

皆さん、お風呂入っていてノボセたことってあります?

だし、寝ようとしたときに身体や頭がボーっと熱くなってきたり、何もしていないのに急に火照るような感じになったり

いわゆるホットフラッシュなんても言われますね。

 

これ、多くのケースがマインドワンダリング(思考の迷走・思考のさまよい)からくる自律神経の乱れが原因だったりします。

 

「あの時〇〇さんにあんなこと言われたな~」と『過去』のことを頭の中で再体験したり

「明日はこんなことをしなきゃ、忘れないようにしないと」なんて『未来』のことを頭の中で想像したり

心ここにあらずで、頭の中だけで、繰り返し、緊張や不安・心配という不快な感情が湧きおこることばかり考えてしまう。

そんな状態(マインドワンダリング)にあるとき、脳の中が熱がこもったように、カーっと熱くなるように感じられる…って感じ。

 

だから、実際脳の温度が上がっているのかは定かではありません。

頭の中でストレスとなる出来事を繰り返し体験することを、『反芻(はんすう)』って言いますが、

これは脳にかなりのダメージを与えてしまいます(詳しくは、マインドフルネス痛み改善セミナーで)

 

そんな時に役立つのが「呼吸法」です

マインドフルネス呼吸瞑想のように、呼吸に注意を向け続け、「今・ここ」に集中するのもOK!

そして、4-7-8呼吸法のように、数を数えながら「息を吸う」「息を止める」「息を吐く」に意識を向け続けるのもOK!

いずれ共通するのは「過去や未来の反芻」から注意をそらせて、「いま・目の前のこと」に集中すること。

 

これが脳のクーリングダウンに有効なわけです(´ー`)

 

ということで、やり方はいたってシンプル!下の通りです♪

 

就寝前や、気もちが慌ただしく感じられた時、またなんか頭がボーと重く感じてきた…

そんな時に活用してください

 

【アンドリューワイル博士の4-7-8呼吸法(ハーバード式呼吸法)】

①4秒かけて鼻から息を吸う

②7秒間息を止める

③8秒かけて息を吐く

(基本は鼻呼吸ですが、息苦しいときは口呼吸でもOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

柔道整復師/日本いたみ財団認定いたみマネジャー/福島県立医科大学疼痛医学講座主催・横浜市立大医学附属市民総合医療センター主催・厚労省慢性の痛み診療研修会修了

 

ちなみに、膝の関節の変形は、ほとんど痛みと関係がありませんからね~

ましてや慢性の痛みは、身体にその原因はありません!

「骨や血管・関節の形の異常が原因だ!」という情報からは速やかに離れましょう♪

 

投稿者: かねたバランス接骨院


SEARCH



かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook