かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2022.03.30更新

皆様こんにちは(*'▽')わっ!

 

もう4月になりますね~

桜の開花が待ち遠しいですヾ(≧▽≦)ノ

 

そんな春4月の営業カレンダーです!

 

今月は、子供たちも高校・中学とそれぞれ進学。

入学式などで変則的なお休みになってますので、カレンダーをよ~~~くご覧いただいたうえでご予約くださいませm(__)m

 

 

 

さぁ!!ついにやってきました(=゚ω゚)ノ

長年の研修の成果が実りまして、ついに日本いたみ財団から「痛みマネージャー」の認定を受けましたヾ(≧▽≦)ノヤタ!

 

 

この「いたみマネージャー」は患者さんからの相談対応をしたり、痛みの正しい情報を普及したり、また適切な医療機関につなげるという役割があります。 

 

ご存知の通り、日本の痛み医療は、欧米諸国に比べて20年以上遅れていると言われております。

無駄に原因探しのために検査をしたり、何度も必要のない画像検査を撮ったり、痛みと関係のない検査結果を原因と説明したり…そのほか諸々診療体制など

まあ、数え上げるとキリがないようですけどね。

 

ちゃんと痛みを学ばれて、理解されている医療機関につなげないとね(´ー`)

 

ちなみに、

そのような現状を打破しようと、厚生労働省とともに慢性の痛み対策に奔走されているのが日本いたみ財団様です。

世界の最先端の痛み研究情報を紹介したり、市民講座で痛みの正しい知識を普及したり、医療者向けに研修を行ったりと、様々な活動をされております。

 

私、本当に フ(* ̄▽ ̄)♪ としたご縁がありまして、研修会などに参加させていただけるようになったのですが、

ついにこの度、いたみマネージャーの認定を受けることができました!

おそらく東北地区の整骨院としては初めて認定されているのでは?と思います

 

(事務局のN様、推薦状をいただいたD先生、はじめ皆々様本当にありがとうございます。そして、初代理事長を務められました菊地先生、ご冥福をお祈り申し上げます)

 

 

新年度、子供たちも新しい道で、新しいことにどんどんチャレンジしていくことでしょう♬

私も負けないよう、これを機会に、多少の間違いは怖がらずに、どんどん痛み情報を普及して、腰痛をはじめとする長引く痛みでお困りの方々に貢献していきたいと思います(*´▽`*)マス!!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇腰痛をはじめとする長引く痛みでお困りの方!

〇スポーツを頑張る子どもの痛み・スポーツ障害!

〇いたみに対するマインドフルネスに興味のある方!

 

まずはお試し!お気軽にご相談くださいm(__)m

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.03.07更新

皆様こんにちはヾ(≧▽≦)ノワォ!!!

 

3月の営業&お休みカレンダーです

毎回告知が遅くなりましてスイマセン( ´∀` )

 

さて、今年に入って、ついに!「公式LINE」を作成いたしました!

なんか金田家にもIT化の波が押し寄せてますね~(笑)

 

 

【かねたバランス接骨院公式LINE】→https://lin.ee/4Tq7fxc (ポチっと押して「ともだち追加」してみてくださいね)

 

 

毎月の【営業&お休みカレンダー】も、LINEに登録していただくと、前月の下旬には勝手に届くようになります。

ラインを開いてカレンダーを見るだけで、何度でも簡単にお休みなのかどうかチェックできますからとっっっても便利です。

 

しかも、LINE読者にだけ限定で「お得な施術クーポン」も定期的に配布しております。

そして、ご予約相談もLINEからできちゃう。

しかもしかも、今月から、いよいよLINE登録者限定の「とッッッッッってもお得な健康情報動画」が配信スタート!

 

色々と、わざわざこのホームページまで訪問されなくてもよくなっちゃいますし、むしろLINEの方が簡単で特典いっぱいになっちゃいます(*'▽')♬

 

ぜひ!たくさんの方にお得情報を受け取って、健康的な将来を手に入れるヒントを身につけてもらいたいです!

 

【かねたバランス接骨院公式LINE】のご登録はコチラから

https://lin.ee/4Tq7fxc(ポチっと押して→「ともだち追加」をクリック!)

 

それではまた!!!

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.02.02更新

こんにちは(*´▽`*)わっ!

 

前回

「痛みは0にならない(かもしれない)」「痛みを0にするのは難しい」のひと言で、ガッカリさせられたり、もしくは怒りを覚えたり、そんな患者さんからの相談が結構多いよ~。

って、そんなお話をしてみました。

 

で、今回は、この「痛みを0にするのは難しい。の真意は?」ということです

 

ちなみに、セラピストの皆様にも「痛いままでも、生活を楽しめたら良いじゃないですか」的な、ちょっとズレた?安直な意味合いで解釈されている方もいるようなので、お気をつけあそばせ~ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

「最後の楽園」とも言われている、オーストラリアのADAPT(アダプト)という、最先端の痛み治療プログラムがあります。

5年以上、いろんな治療を試しても効果が感じられず、日常生活や仕事に支障をきたしている方だけが受けられる治療プログラムなのですが、

初日にこんなことを伝えられます

 

「痛みを治そう!と思わないでください」と… 

意味が分からないと、きっと(。´・ω・)?ヘ??ってなったり、(。-`ω-)ノムキ―ってなりそうですよね。

 

痛みを何とかしたい皆様にとっては矛盾するようですが、でも、これには最先端の痛み研究が解き明かしてくれた、ちゃんとした理由があるのです。

 

①痛みは「痛みに意識(注意)が向くと症状が強くなり、意識が痛み以外の別な方に向くと改善・軽減する」という特徴がある

②痛みを何とかしよう!とするほど、痛みに意識が向きすぎてしまう

③完璧主義な人ほど、ほんのちょっとの痛み、些細な痛みも見逃さないように、意識が向き、痛みを積極的に探してしまう

④完璧主義な人ほど、100点か0点かじゃないと気がすまなくなり(曖昧さを許容できない状態)、不快な感情が湧きおこる

⑤痛みのボリュームは感情が大きく影響している。不快な感情は痛みを増長し、快よい感情は痛みを改善に向かわせる

 

ざっくり簡単にまとめましたが、ぼくが知っている限りでもこんな感じ。

 

「痛みを何とかしたい!」「痛みを治そう!」とするほど、「今日の痛みはどうかな?」と患部をさわってみたり、あえて痛みを探すようなことをしてしまいます。

で、「やっぱり今日もまだ痛いや!」って、ガッカリする(不快な感情になる)

 

これ、思い当たるふしはありませんか?

 

「ここをこうすると…あれどの辺りだっけな…ここをねこうして、ほらっ、ここ!この角度で、この辺りがまだ痛くって」と、以前に比べると出来ることはたくさん増えているはずなのに、ほんの些細な、まだできないこと、や痛くなる動き、だけを気にして主張してしまう。

 

思い当たりませんか?

 

痛みが長引いているひとは、ほぼこのパターンにハマっちゃってますので気をつけましょ♪

 

「痛みを0にしようとすると、かえって治りが悪くなるので、痛みを指標にするのはやめましょ」

その代わりに

「今まで痛くてできなかったことを、少しずつ出来るようにしていくこと、を目標にしましょ」

 

これが「痛みは0にならないかもしれない」「痛みを治そうと思わないでください」の真意なんです。

 

痛みから注意(意識)を反らせて、出来る行動を増やしていく! その過程で、いつの間にか「そう言えば、痛いのが気にならず、行動をとれていたな~」となっていきます。

 

結果的に、その方が回復しやすいんですよね(*´▽`*)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなこと言っても、具体的にどうすればいいのさー! そんな時には、まずは1回お試しで、かねたバランス接骨院へヽ(^o^)丿ドゾ

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.26更新

こんにちは(*´▽`*)わっ!

 

今回は、お子様ご自身というより

お子様のモチベーションを高める立場にある人、もしくは「痛み患者さまを対応されている方々」に何かしら参考になるかも。

(もちろん痛み患者さまにも何かしら気づきになるかも!)

 

ちょっと考えてみてください(´ー`)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし皆さんが、受験を控えていて学生だったり、大会を控えているスポーツ選手だったら…

「絶対、〇〇高校に合格するぞー!」「5教科合計〇〇〇点とるぞー!」と頑張っているとき

「絶対、優勝するぞ!」「今回は、あの相手には勝ちたい!」と意気込んでいる時

 

「なんで〇〇〇点を目指すの?6割の点数じゃダメなの?」「なかなか〇〇〇点は無理だからね~」とか

「優勝は無理だから、2位でいいでしょ」「勝つのは難しいからね~」なんて言われたら

どんな気分になりますか?そして、その後どのような行動をとるでしょう?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

以前、国で「事業仕分け」が進められていた時

世界一のスーパーコンピューター開発を目指す科学研究者たちに対して「どうして世界1位を目指すんですか?2位じゃダメなんですか?」と問いかけている場面がありました。

真意は「1位がとれなくても、国や企業にとって利用しやすくて役に立つならそれでいのでは?」ということらしいですが、

「2位じゃダメなんですか!?」と言われ、それを見聞きしていた科学者たちはどのような思いで見ていたでしょう。

 

 

じつはこれ、同じようなことが「慢性の痛み医療」では起きているようです。

 

とくに、ここ半年くらいの間で、研修会に参加したり、痛み患者さんからの相談をしていて思います。

 

確かに、最先端の科学研究に基づいて作成された「慢性疼痛診療ガイドブック」などには、「痛みは0にはならない(かもしれない)」と書かれています。

 

そして、ドクターショッピングを繰り返して、私のところに相談に来てくれた患者さまの、大勢(ほとんどの方)が「お医者さんに、痛みは0にならないって言われた」と怒りをぶつけてきます。

 

患者さんは「この痛みをなんとか0にできないか!」と一生懸命がんばっている

それに対して、慢性の痛みのことを知っている医療者は、いや学ばれている医療者ほど「0にはならないよ、ほんのちょっとでもいいじゃん」みたいなことを簡単に言っちゃう…

 

・患者さんは、怒りを感じて(せっかく痛みを学んでいる先生なのに)通院しなくなるし

・かといって「治せますよ!」と簡単に断言しちゃうのは、痛みのことをよく知らない勉強不足の先生ですが、そういう先生の方に行っちゃうし(だから、結局根本的な回復には至らない)

・せっかく痛み医療界ではとっても優れた先生なのに「あの先生は嫌い!だめ!」とレッテル貼りされちゃうし

 

なんか、やり方をちょっと変えるだけで、お互い上手くいくのに…と悲しくなっちゃいます。

きっと、その真意までお伝えする「対話をする時間」もないのでしょうね…

 

「痛みは0にならないかもしれない」っていうのはね…

の真意については次回(*´з`)!

 

対話の時間がとれない。 イライラしちゃってじっくり話を聞いてられない。 こちらの方が経験も知識も豊富な先生・親・上司だから。

って「やる気を萎えさせたり」「前に進むチカラを挫けさせる」言動を、さらりというのは気をつけたいものです(=゚ω゚)ノおいらも気を付けるだ~

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.20更新

皆様こんにちは(=゚ω゚)ノわっ!

今回は「不安や心配、怖れがあっても、すぐに行動しないで!」というお話。

 

受験生のお子様を持つ、お父さんお母さんたちにためになるかも!

 

私の母親はとても心配症で、何の根拠もないのにネガティブな将来を勝手に先読みしがちです(笑)

そのため、たまに電話をかけてくるのですが一発目に「心配だから電話してみた」と言ってきます。

 

こちらとしては別に心配されるようなことはないので「はぁ、心配ですか」と冷めた感じになってしまいます。(この親不孝もんめヾ(≧▽≦)ノ)

 

でもこれって、じつは結構よく見聞きすることなんです。

 

たとえば受験を控えているお子様。

「いつまでテレビ見てるの?このままで大丈夫なのか?」

「ちょっと勉強しては、すぐに休憩しに来て…こんなんで本当に大丈夫なの?」 

「受験を控えているのに、休日遅くまで寝てて…勉強間に合うのか?」

などなど、

ステップ①)大人たちが「このままでは〇〇になってしまうんじゃないか」という、勝手なネガティブな将来をイメージしちゃう。

ステップ②)そして、そのネガティブなイメージに引っぱられるように「不安・心配・焦り・怖れ」などの感情が湧いてきます。

そして「怒りは二次感情」。

ステップ③)やがてその「心配・不安・焦り・怖れ」という感情を「怒り」という武器に変えて「いつまでテレビ見てるの!!!!!」「もっと勉強しなさい!!!」「ちゃんとやってるの!!!」と怒鳴ったり、にらみつけたり、「行動」としてぶつけちゃいます。

  

これ…「お子様本人の心配、不安」なのでしょうか?  いえ違います。

あくまでもお父さんお母さんの中でわき起こっている感情でしかありません。

 

ネガティブ感情をぶつけられた相手は「やる気を失くしたり」「信じてもらえていない感がしてガッカリしたり」「もしくは怒りで返して反発してくる」ことになります。

こんどは子供たちがネガティブな感情を抱くことになっちゃいますよね(´ー`) このネガティブ感情を抱いた状態で勉強を始めても、ちょっと集中できません… 

 

成績アップが本来の目的なら、役に立たない(有効ではない)ですね。

  

ということで

お父さんお母さんの中にわき起こる「不安・心配・怖れ・焦り」はあくまでもあなた自身のものですので、

それをそのまま他人にぶつけることはやめましょう(=゚ω゚)ノ

 

具体的には、「こうなっちゃうんじゃないかと、 不安だな~ 心配だな~ 焦っちゃうな~ 怖いな~」と感じるのは仕方ない、

でも、その感情をぶつけるかのようにすぐに行動するのを控える!

 

で、ここからがポイント。

 

いざ、ほんのちょっとでも勉強を始める素振りを見せたり、ほんの数分でも勉強をしたなら、もしくは「ちょっと勉強してみよっかな」という発言でもOKです。

そういうプラスに働く行動が見られたら、ここぞとばかりにメッチャアプローチしてあげてくださいヾ(≧▽≦)ノイエーイ

 

ネガティブな行動や失敗は、グッとこらえる!

そして、ほんのちょっとのプラスの行動にはメッチャアプローチする!

 

これが出来ると、プラスの行動が強化されていきますよ~

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.20更新

こんにちは(*'▽')!

 

「今週土曜休みなの?」 「来週の土曜は営業してる?」 「夜は何時までなの?」

と、聞かれることが多くなってきたので、念のため再度お知らせいたします。

 

 

 

 

こんな感じ~( `・∀・´)ノヨロシクダー

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.18更新

皆様こんにちは(=゚ω゚)ノわわわっ!

 

今回は「受験を控えているお子様」だけでなく「仕事がなかなか進まない方」にもお役にたてるかも!

 

何かしらの課題を解決するのに「時間の制約」はつきものです。

 

「終了時間〇時まで!」「いついつまでの期限で」って、試験だって仕事だって同じです。

 

この「決まった時間内に解決できること」が増やせたら、要するに「解くスピード」がアップ出来たら時間にゆとりができていいですよね(*´▽`*)

 

ということで「2週間で身につけたい、解決スピードアップトレーニング」!!!

 

まずはステップ①「整理する」

マルチタスクはやめましょう!

たくさん仕事をこなしているように見えて、じつは効率が悪いです。ですし、反対に、ただただ脳が疲れて解決能力に影響が出てきます。

のでステップ①は「整理する」のです

全体の問題量や仕事量を「簡単にこなせそうだな」と思う順に整理していきます。

 

ステップ②「簡単から始める」

そして整理が出来たら、とにかく「簡単に解ける」「さくさく終わらせられる」ものから片っ端から処理していきます。

難しいものは後回しにして、まずは「全体の問題量、仕事量を減らして」いきましょう!

 

※)最初から難しいものにチャレンジしちゃって、結局上手く解決できず、気がついたら簡単なものも処理する時間がなくなっていた…(・。・; なんてことがないようにね♬(←完璧主義のひとはやりがちです)

 

ステップ③「難しいのもはタイムアタック!」

最後に、残しておいた難しい問題(課題・仕事)、できれば、ちょっと難しい問題(課題・仕事)くらいのものにチャレンジします!

「自分の力試し」的に、やり始めから終わるまで“時間を計測しながらチャレンジ”してみましょう(*'▽')!

今の自分の力量が把握できますし、ゲーム感覚で取り組みながら、タイムアタックを繰り返していくと、テスト問題にしても仕事にしても「解くスピード(処理スピード)」が上がっていきます。

 

面白そう!!と思ったら

早速、今日から2週間。

トレーニングだと思って、時間(スピード)を意識しながら、試してみてくださいね(*´з`)

 

2週後には何かが変わっているかも!

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.14更新

皆様こんにちわっ(*'▽')!

今日は「痛みでお困りの方」と「お子様とのコミュニケーションでお悩みの方」

そして「誰かしらのお悩み支援にあたっている方」必読です!!

 

 

腰痛などの長引く痛みでお困りの方には、こんな傾向があります

 

『痛い!話が多い』

 

とってもシンプルですが、痛みから抜け出せない人ほど

「私は〇〇だから痛いんだ!」

「ここをこうすると痛くてダメだ~」

「こうやって動かすと、ここの部分が痛くて…」

とひたすら「私の腰(患部)は痛い」「痛くて〇〇ができない」のお話を繰り返します。

 

実はこういう「痛み行動」は諸刃の剣でして

「他者に分かってもらう」には役立つのですが、症状の回復という点で見ると、やればやるほど悪化します。

 

痛み話をすればするほど、

①痛みに注意集中が向きます

②私は痛い人間なんだ、私の腰は痛いんだ。という信念が強化されていきます

③そして、脳の痛み興奮がどんどん酷くなります。

 

私たちには「話している方向に、気持ち(注意集中)と行動が向いていく」という不思議な働きがあるんです。

 

だれでもありますよね?

「痩せたい!でも、食べたい!」

「お酒をやめたい!でも、呑みたい!」

「結果を出したい!でも、休みたい!」

「これをしたい!でも、上手くできない!」

「治したい!でも、(分かってもらいたいから)話したい!」

みたいに、つねに綱引き状態にあるわけ。

 

で「食べたい話」「呑みたい話」「休みたい話」「できない話」「痛い話」をするほど

その方向にモチベーションが高まり、行動が引っ張られます。 結果、抜け出せない… 

 

じゃあ、どうしましょうか?

 

ということで、ご興味がある方はコチラの動機づけ面接法をどぞ(*'▽')!

 

 

 

 

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.13更新

皆様こんにちは(=゚ω゚)ノわっ!

 

年度末、入学試験や様々な試験の本番が近づいてくる大事な時ですね。

 

さて、今日も試験勉強を頑張るお子様にお役に立つ情報です!!!

 

================================== 

スウェーデンのブンケフロという町の小学校で、

毎日体育の授業を組み入れられたクラスと、週に2回だけ体育の授業を組み入れたクラスで、学力に違いが出るかどうか実験が行われました。

 

体育の授業が毎日あるかないかということ以外は全て同じ条件です。

 

結果は…

毎日体育の授業を組み入れたクラスの方が、テストの点数が高くなった!

特に算数や英語の点数は大幅に上がりました。

さらに、その学力の向上は短期的なものではなく、年単位で長期にわたって継続。

また試験の内容が難しいほど、点数の差は大きく開いていた!!

 

================================== 

ヤバいっすね(*'▽') 運動しましょw

 

ポイントは「心拍数を上げること」

なので、運動の種類は関係ない。どんな運動でも良いようです。

 

しかも、わずか4分の運動でも「読解力」と「視覚的注意力(集中力)」が向上するようです。

 

勉強前に、2分2セットの縄跳びもよし! 家の周りを4~5分だけ軽く走るのもよし! 4分間ひたすらバーピーするのもよし!(←これぶっ倒れちゃいますね(笑)

勉強の合間・休憩中に、ちょっとだけ息切れする運動をしてみるのもよし!

 

せっかくの科学研究は上手に活用していきましょ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最先端の科学研究が解き明かした

「腰痛などの長引く痛みから抜け出す方法」や「人生100年時代を、健康的に過ごす方法」

またスポーツを頑張る子どもたちの、やる気がみなぎるメンタルトレーニング情報

などとびっきりお得な情報を配信!!!

「かねたバランス接骨院LINE公式アカウント」 友だち追加 https://lin.ee/6tP6im0

 

どうぞよろしくお願いしまーす(*´▽`*)!

 

投稿者: かねたバランス接骨院

2022.01.11更新

長引く痛みでお困りの方には、ある傾向があります。

そのひとつが「気分(感情)に振り回されてしまう」というもの。

「気分に振り回されて、役に立たない行動をとり続けて」しまったり、「気分に振り回されて、役立つ行動をとることから逃げてしまう・回避してしまう」

そんな傾向があるわけです。

 

皆様こんにちは(*´▽`*)わっ!

 

今回も受験勉強を頑張っているお子様や、スポーツを頑張っているお子様には、お役に立つ情報でーす(*´▽`*)

 

 

さて、人生において「何か成し遂げたい!」と思った時、ある期間「追い込みをかける!」必要があります。

 

たとえば「部活で〇〇という成績を出したい!」であったり、「絶対、優勝したい!」だったり

勉強だと「〇〇高校に入学したい!」「あの学校に入学して〇〇に取り組みたい!」「5教科合計で〇〇〇点取りたい!」とか

 

そんな結果を成し遂げたい!となったら、それに近づくために必要な具体的な行動目標をたてる。ってのが前回まで。

 

そして、ここからが一番大事!!

 

「面倒だな~」「なんか今日は気分が乗らないな~」「これを続けてて大丈夫なのかな~」「上手くいく気がしないから今日くらい休みたいな~」なんて

他に楽しことがあればそっちに目が行きますし、たまには気分が乗らないことだってあるでしょう。

だって人間ですもの( ´∀` )

そういうネガティブな気分が生じちゃう、そのこと自体は実はどうだっていいんです。

大事なのは、「めんどいな~」「やめたいな~」「気分がのらないな~」「不安だな~」「怖いな~」と思いながらも、「決めた目標行動を最低限とり続ける!」

 

「問題集を一日3ページやる!」と決めたら最低3ページはやる!

「シュート練習を10本やる!」と決めたら最低10本はやる! 

もちろん調子がいい時は、それ以上にどんどんやりましょ♪

 

結果は、行動の積み重ねでしかやってきません。

「気分が乗らないから、休む」「気分がネガティブだから、ネガティブな行動をとる」を積み重ねるか

それとも「気分が乗らないな~、今日はやめたいな~… でも、最低ラインだけでもやろう」を積み重ねるか

 

気分は自分でコントロールできませんが、その気分のまま、どんな行動をとるか?は自分で選べますからね

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最先端の科学研究が解き明かした

「腰痛などの長引く痛みから抜け出す方法」や「人生100年時代を、健康的に過ごす方法」

またスポーツを頑張る子どもたちの、やる気がみなぎるメンタルトレーニング情報

などとびっきりお得な情報を配信!!!

「かねたバランス接骨院LINE公式アカウント」 友だち追加 https://lin.ee/6tP6im0

 

どうぞよろしくお願いしまーす(*´▽`*)!

投稿者: かねたバランス接骨院

前へ 前へ

SEARCH



かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook