かねたバランス接骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.04.23更新


怖れをやわらげ 真の幸せを味わう 唯一の方法は、

心に怖れがあることを認め、

その根源を深く見つめることです

~ ティク・ナット・ハン

 

 

 

重篤な病態を除いてしまえば

痛みの発症や、慢性化・再発には、こころ(脳)の状態が大きく関わっている ことが分かっています。
 

  
ですから

「どこが、どのように痛いんだ」とか、「この部分の関節がおかしいから…」「神経が圧迫されているから…」などと、

身体(症状・部位・組織)に固執せず、こころの状態に目を向けることが、回復を左右する大きなポイントになります。

 
 
ところが

「4)こころの取り扱い方」を知らないと、自分の弱さと上手に向き合えません。

得体の知れないものへの怖れを感じてしまいます。

 

で、結局


痛みを長引かせている負のパターンを直視できず、

「私にはそんなストレスはない!」と、見て見ぬふりをして、目を背けてしまったり…
 

 
また、

勇気をだして心と向き合ってみたはいいが、負の感情に取り込まれてしまい、ますます痛みがひどくなってしまったり…

 

 

 
一定の距離をとりながら、評価することなく、

ただただ穏やかに、こころの動きに気づいて眺められる。
 
 

 

 

そんな風に

「3)痛みの引き金になる心の状態・ストレスと向き合う」にも、やはり「4)こころの取り扱い方」が土台となってきます。
 
 

 

 
冒頭の名言にはつづきがあります。

 

 
 
 
最後に行きつくところは

「自分と向き合い乗り越える」こと

 

怖れから逃避しようとするのではなく、

気づきのなかにそれを招き入れ、

はっきりと深く見抜くのです。
 
 

 
 
そんな感じ(←あ、これは私の〆のひと言です)
 

 

 


 
004へ
「目標という種に、栄養を与え続けよう!」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

投稿者: かねたバランス接骨院

かねたバランス接骨院ブログ子育て奮闘日記かねたバランス接骨院Facebook